SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

めざすは"Enterprise Ready"なHadoop - EMCとノーチラスの提携がもたらすもの


「Apache Hadoopでは満たせないエンタープライズのニーズをGreenplum HDとAsakusa Frameworkが提供する 」―1月19日、EMCジャパンとノーチラス・テクノロジーズの協業発表記者会見でEMCジャパン データコンピューティング事業本部 テクノロジー&プロフェッショナルサービス部 部長 仲田聡氏はこう語った。ビッグデータブームを支えるメインテクノロジとして語られることが多いHadoopだが、今回の両者の提携は基幹業務におけるバッチ処理でHadoopを有効活用したいというエンタープライズの要望に応えるもの。ビッグデータ分析のためのHadoop活用とは趣を異にする今回の発表だが、その目指すところはどこにあるのだろうか。

Enterprise ReadyなHadoop、それがGreenplum HD

EMCジャパン データコンピューティング事業本部 テクノロジー&プロフェッショナルサービス部 部長 仲田聡氏
EMCジャパン
データコンピューティング事業本部
テクノロジー&プロフェッショナルサービス部
部長 仲田聡氏

 EMCジャパンは同日、それまで限定的に提供していた同社の「Greenplum HD Enterprise Edition」の販売開始を発表している。

 Apache Hadoopと100%の互換性を有しながらも、Apache版と比較して2~5倍の高速性と運用の容易性を実現し、単一障害点(singlepoint of failure)を完全に排した"Enterprise Ready"なHadoopディストリビューションだと仲田氏は強調する。

 「Apache Hadoopはまだソフトウェアとしての歴史が浅く、未成熟な部分も多い。エンタープライズ分野で企業がミドルウェアに期待する部分とオープンソースの間にあるギャップを埋める、それがGreenplum HDの役割」(仲田氏)

 Greenplum HD EEは、Javaで書かれたHDFSをC言語で書き換えたMapR FSを採用しているが、それだけではなく「完全にリアーキテクトした製品」(仲田氏)だ。ハードウェアの限界性能を引き出すため、ロック排除による並列処理の向上、ビルトイン圧縮によるI/O削減、分散NameNode、RPC経由のShuffle転送、そしてガベージコレクションの影響の排除を実現している。

 「MapReduceのShuffle処理をダイレクトにしたのでパイプラインが途切れない、そしてコンカレンシーが落ちない。論理的な弱点である単一障害点をマルチノードにしたことで、アベイラビリティとパフォーマンスの両方を大幅に向上することが可能になった。これは大企業が重要なアプリケーションを動かす上で必要な機能」(仲田氏)

 また、エンタープライズでHadoopを運用していくには他の業務システムとの連携のしやすさも重要だと仲田氏は語る。

 「Hadoopを単独で運用しているという企業はほとんどない。Greenplum HDはNFSマウントができるので、Webのログを直接Hadoopに書きこむことも可能。また、Apache Hadoopにはないスナップショットを取れる機能も重要。これにより差分のみを格納していくことができる。Webベースの管理ツールを用意しているのでクラスタの稼働状況を瞬時に把握できる。運用のトータルコストでいえば、OSSよりも上かもしれない」(仲田氏)

次のページ
Hadoop活用の鍵は「業務とどうつなぐか」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

五味明子(ゴミ アキコ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3742 2012/02/10 18:33

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング