SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

「最初から黒字のクラウドのサービスを」―セールスフォース・ドットコムの出資を受け1stホールディングスがクラウドサービスに参入


国産BIツールとして実績も多いDr.SumEAなどを提供するウィングアーク社を傘下にもつ、1stホールディングス。同社は、セールスフォース・ドットコムからの資本投入を受け、本格的なクラウドサービスに参入することを発表した。「今回の提携は、2年くらい前から考えていました。具体的な活動は1年ぐらい前からで、やっと今回の発表にこぎ着けました」と1stホールディングス代表取締役社長の内野弘幸氏は言う。提携のための活動をしている中で、昨年はセールスフォース・ドットコムの米国で開催される年次イベントDreamforceにも参加し、CEO マーク・ベニオフ氏の話に感動を受け、提携することの意義を改めて確信することになる。

「MotionBoard for Salesforce」を提供

1stホールディングス 代表取締役社長 内野弘幸氏
1stホールディングス 
代表取締役社長 内野弘幸氏

 国産BIツールとして実績も多いDr.SumEAなどを提供するウィングアーク社を傘下にもつ、1stホールディングス。同社は、セールスフォース・ドットコムからの資本投入を受け、本格的なクラウドサービスに参入することを発表した。

 「今回の提携は、2年くらい前から考えていました。具体的な活動は1年ぐらい前からで、やっと今回の発表にこぎ着けました」と語るのは、1stホールディングス代表取締役社長の内野弘幸氏。

 提携のための活動をしている中で、昨年はセールスフォース・ドットコムの米国で開催される年次イベントDreamforceにも参加し、CEO マーク・ベニオフ氏の話に感動を受け、提携することの意義を改めて確信することになる。

 1stホールディングスでは、昨年3月にVarioSecure Networksを買収し、セキュリティとASPのソリューションを手に入れている。このセキュリティの要素を手に入れたことは、企業向けにクラウドのサービスを展開する上で重要なポイントとなる買収だったという。ウィングアークのソフトウェア資産とVarioSecure Networksのセキュアなサービス事業を掛け合わせ統合したことで、VarioCloudという新たなクラウドサービスを展開できるようになった。

 その上で、今回のセールスフォースとの提携がある。自社のVarioCloudのサービスに加え、今回はセールスフォースから4,800万円の出資も受け同社と業務提携を行う。

 「この業務提携によって、これ日本市場において真のクラウドBIを実現し、成長の軸となるクラウドサービスをグローバル化するといったことを目指す。さらには、セールスフォースが得意としているソーシャル・クラウドに向けた展開も大きく進め、企業ニーズの高いクラウドとオンプレミスの連携も実現していく」(内野氏)

 具体的には、1stホールディングスのBIクラウドサービスであるMotionBoardを、密にセールスフォースのサービスと連携させるための「MotionBoard for Salesforce」を提供する。そのために必要となるforce.com環境対応のための開発を、今回出資を受けた資金を活用し行う。

 最初の連携レベルは、セールスフォースの画面の中で、MotionBoardが1つのタブとして機能するようにし、両社のサービスがシームレスに連携できるようにする。そして、セールスフォースのChatter機能をMotionBoardの中で利用できるようにもする。次のレベルでは、社内システムのデータとセールスフォースのデータを1つにしBI分析できるようにする。

 ここまでを、2012年12月までにサービスとして提供できるようにする予定だ。さらに2013年以降には、ソーシャルメディア連携などを強化していく。

次のページ
最初から黒字のクラウドサービスを

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3926 2012/04/17 13:34

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング