SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

あたらしいSQL Server/Denaliの世界

Integration Services に導入されたプロジェクト配置モデル

パッケージの実行

 パッケージの実行はオブジェクト エクスプローラーで配置したプロジェクトのノードを展開し、実行するパッケージを選択します。右クリックのメニューから「実行」を選択し、実行ダイアログを表示します。

 実行にSSISDB データベースに含まれる次のシステム ストアドプロシージャを使用することも可能です。

  • catalog.create_execution - 実行のインスタンスを作成
  • catalog.set_execution_parameter_value - パラメーターの値を設定
  • catalog.start_execution – インスタンスの実行の開始

 現在 パッケージの実行にdtexec.exeを使用されているシステムも多いかと思います。dtexec.exeもプロジェクト配置モデルのパッケージを実行できるように改良されています。

 パッケージ実行は /ISServer オプションに SSISDBカタログからのフルパスを指定します。次の図のように配置されたパッケージPackage.dtsx を実行するには次のように指定します。

dtexec.exe /ISServer “\SSISDB\Folder1\Integration Services 1\Package.dtsx”

 /Parameterオプションを使用してプロジェクトレベルやパッケージレベルのパラメーター値を指定することも可能です。

 SQL Serverエージェントのジョブを使用してパッケージを実行する場合、種類が「SQL Server Integration Services」のジョブステップからは実行できません。種類に「Transact-SQL スクリプト」を選択し、上記でご紹介したシステムストアドプロシージャを使用して実行する必要がありますのでご注意ください。

 ここまで新しいプロジェクト配置モデルの配置から実行までご紹介してきました。次回は環境と環境変数を使用したパッケージの実行や、配置されたプロジェクトやパッケージの管理についてご紹介したいと思います。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
あたらしいSQL Server/Denaliの世界連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

坂輪貴行(サカワ タカユキ)

  日本マイクロソフトの Premier Field Engineering 部にて、SQL Server ユーザーの支援を行う。前職はシステム エンジニアであり、長く Sybase を使用したプロジェクトに従事。業界歴 14 年の月一ゴルファー。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/4002 2012/06/07 00:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング