Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

IIJ、「IIJ GIO Hadoopソリューション」をクラウドサービスとして提供開始

2012/10/15 12:00

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、クラウドサービス「IIJ GIOサービス」のラインナップを拡充し、ビッグデータの高速処理システムを構築運用する「IIJ GIO Hadoopソリューション」を10月15日から提供開始すると発表した。
 

「IIJ GIO Hadoopソリューション」は、ビッグデータを並列分散で高速処理するシステムを迅速かつ安価に構築、運用するソリューションだという。IIJのクラウドサービス「IIJ GIOサービス」上に、Hadoopクラスタの基本設定を行い、クラスタを管理する上で必要となるツールを提供するという。クラウドサービスのため、ユーザーは機器を購入する必要がなく、処理の増減にも柔軟に対応できるとしている。

IIJでは、Hadoopクラスタの設定・構築は、専門的な技術や経験を要し、適切な設定がなされていなければ性能を引き出すことができず、Hadoop本来のメリットを享受できないとしており、構築後の運用監視においても、システム管理上の負担は大きくなるという。このソリューションは、クラウドサービスとして提供され、IIJが監視・運用・保守を行うため、そうした負担から解放され、最適なHadoopクラスタ環境を手に入れることができるとしている。

「IIJ GIO Hadoopソリューション」のメニューは次のとおり。

・Hadoopの構築・運用
 専門的な技術や経験を必要とするHadoopクラスタの構築と開発・運用に必要な機能をパッケージ化して提供。Hadoopディストリビューションは、オープンソースのCloudera's Distribution including Apache Hadoop、Cloudera Enterprise(Cloudera)、およびGreenplumMR(EMCジャパン)の3種類より選択することが可能。

・バッチ高速化(オプション)
 基幹業務等で運用されているバッチプログラムをHadoopクラスタ環境に移行。日立ソリューションズ、およびノーチラス・テクノロジーズとの協業により、AsakusaFramework(大規模な基幹バッチ処理を行うためのフレームワーク)を活用して、基幹業務におけるバッチ処理の高速化(数十倍)を実現。

・大規模ログ解析(オプション)
 Webサイトのアクセスログをはじめ、大容量のログデータ解析環境をHadoopクラスタに構築。月間数百億ヒット以上のアクセスを誇るWebサイトのログ解析システム、国内最大級のIIJバックボーンのトラフィックログ解析システムなど、IIJがこれまで培ってきた実績をベースに、ニーズに沿ったシステムを開発・提供。

■「IIJ GIO Hadoopソリューション」の詳細
http://www.iij.ad.jp/GIO/service/hadoop/?i=gp0176

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5