Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

マイクロソフト、10月26日からWindows 8を提供開始

  2012/10/26 14:00

マイクロソフトは、10月26日から日本をはじめとする世界中のユーザーに向けてWindows 8の提供を開始した。同時に正式オープンするWindowsストアを通して、全世界で1,000種類以上のWindows 8搭載PCとタブレットで多様なアプリが利用可能になるという。
 

10月26日からOEMメーカーのWindows 8搭載PC、およびタブレットが発売される。また、家電量販店、オンラインショップなどで、Windows 8のアップグレードパッケージが販売されるという。

Windows 8は、ユーザーの好みにパーソナライズして、タブレットでもPCでも、コンテンツの閲覧でも作成でも、あるいは仕事でも遊びでも、それぞれの目的に一番適した形で利用することが可能だという。よく使うアプリやコンテンツにワンクリックでアクセスできる、高速で滑らかな新しいスタート画面を備え、タッチ操作に最適化されたInternet Explorer 10や、OSとシームレスに使用できるクラウドサービスのSkyDriveも搭載しているという。

一般向けのWindows 8、およびさまざまな機能を追加したWindows 8 Proの2つのエディションに加え、企業ユーザー向けのWindows 8 Enterpriseが提供されるという。

Windows 8 Enterpriseには、強化されたエンド・ツー・エンドのセキュリティを提供するBitLockerおよびAppLockerなどの機能や、モバイルの生産性向上を支援するWindows To Go、DirectAccessおよび BranchCacheなどの機能が備えられているという。また、ARMベースのタブレット向けに設計されたWindows RTも、デバイスにプリインストールされた形態で提供されるとしている。

なお、2012年10月26日から2013年1月31日までの期間限定で、現在Windows XP、Vista、7搭載PCを使用しているユーザーを対象に、Windows 8 Proのアップグレード版のパッケージ製品を5,800円(税別/参考価格)で提供するなど、さまざまなキャンペーンが実施されている。

■Windows 8の詳細
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows/home

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5