SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

ビジネス・スタートアップと顧客開発モデル

新規事業立ち上げのバイブル『スタートアップ・マニュアル』の3つの見どころ

(第6回)『スタートアップ・マニュアル』の3つの見どころ(前編) 


連続インタビュー『ビジネス・スタートアップと顧客開発モデル』で「顧客開発モデル」について解説させていただきました。今回は、私達が翻訳した新刊書籍『スタートアップ・マニュアル』について少しお話をしたいと思います。第1回は、『スタートアップ・マニュアル』の3つの見どころを紹介します。

 『アントレプレナーの教科書』ダイジェスト版(PDF)プレゼントのお知らせ   
   

「リーンスタートアップ」、「顧客開発モデル」などの起業家手法が、話題となっています。そして、ベンチャー企業だけではなく、大手企業の新規事業開発の場面でも、これらの起業家手法が使われ始めています。 翔泳社発行「ビズジェネ」では、WEBサイトの公開を記念して、新規事業開発、ビジネススタートアップのバイブル『アントレプレナーの教科書』(スティーブ・ブランク著・堤孝志、他訳)のダイジェスト版(PDFデータ)を、アンケートにお答え頂いた方に漏れ無く、プレゼント致します。

ダウンロードは、こちら!

『アントレプレナーの教科書』と『スタートアップ・マニュアル』の相違点

『スタートアップ・マニュアル』と『アントレプレナーの教科書』

 『アントレプレナーの教科書』では、顧客開発モデルの4ステップ(顧客発見・顧客実証・顧客開拓・組織構築)が順番に解説されていましたが、『スタートアップ・マニュアル』では、4ステップのうち、特に“顧客開発モデルらしい”ステップである前半の2ステップ、「顧客発見」と「顧客実証」に焦点を当てて、より実践的な内容で解説しています。

 顧客開発モデルの前半である「顧客発見」と「顧客実証」ステップは、ビジネスモデルの“探索”を行うプロセス、後半の「顧客開拓」「組織構築」は探索済みのビジネスモデルを“実行”するプロセスとして、原著者のブランク氏は区別して扱っています。この内容は、以前のインタビューでも、解説させていただきました。

 『スタートアップ・マニュアル』では、ニーズの存否や顧客像などビジネスモデル全体を効率的かつ効果的に「探索」する手順が詳しく説明されています。そして、「顧客発見」と「顧客実証」は、下記のように、それぞれ4つのフェーズからなるプロセスとして整理されています。

「顧客発見」ステップの4フェーズ

  • フェーズ1:ビジネスモデル・キャンバスをフレームワークとして活用し仮説を構築
  • フェーズ2:課題仮説の検証
  • フェーズ3:ソリューション仮説の検証
  • フェーズ4:確認またはピボット

「顧客実証」ステップの4フェーズ

  • フェーズ1:有償販売の準備
  • フェーズ2:オフィスを飛び出して、エバンジェリストユーザーに売ろう!   
  • フェーズ3:製品と企業のポジショニング
  • フェーズ4:確認/重要なメトリック

 これらのフェーズを1つ1つ着実にクリアすることで、とかくやみくもに突き進んでしまいがちなスタートアップの立ち上げを、効率よくリスクを低減しながら行っていく方法を説いているのです。

次のページ
『スタートアップ・マニュアル』の重要なポイントとは?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ビジネス・スタートアップと顧客開発モデル連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

堤 孝志(ツツミ タカシ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

飯野 将人(イイノ マサト)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/4407 2012/12/21 00:28

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング