Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

米国Social Communication Companyと提携し、「Sococo Team Space」を取り扱い開始 イグアス、仮想オフィスによるソーシャルコミュニケーションサービスを提供

  2013/01/17 17:00

イグアスは、ソーシャルコミュニケーションサービスを開発・提供する米Social Communication Company(Sococo)と総販売代理店契約を締結し、Sococoの主力製品「Sococo Team Space」の取り扱いを開始したと発表した。
 

「Sococo Team Space」は、コミュニケーションツールである電話、Eメール、テレビ会議など、従来は個別に使用していた機能を統合し、複数メンバーの状況や関係性を可視化させたソーシャルコミュニケーションサービスだという。

Webブラウザ上の仮想オフィス空間内の個室や会議室に集まり、地理的に分散した複数メンバーとのミーティング、チャットに加えて、業務アプリケーションやクラウドサービスなどのデスクトップ画面の共有ができ、協働作業を行うチームの連携や作業効率を高めるとしている。

イグアスは、Sococo製品の取り扱いにより、日本市場においての新しいコミュニケーション手段を提案し、ワークスタイルの変革を推進するという。また、Sococoが持つソーシャルコミュニケーション技術、マーケティング、販売、サポートの経験や実践モデルを共有し、ソーシャルコミュニケーションに関する製品群を強化していくとしている。

発表によると、「Sococo Team Space」の概要は次のとおり。

・豊富なIPコミュニケーションと画面共有機能を提供。
・多くの構成済クラウドアプリケーションを共有し、スクリーンに貼り付け可能。
・メンバーやオフィス内の状況を可視化。
・チームメンバーとして、実際にその場にいるような感覚で作業が可能。
(アジャイル開発での日次スクラムミーティングに最適)

なお、イグアスでは、「Sococo Team Spaceご紹介セミナー」を1月29日(火)に開催する。当日は、「Sococo Team Space」のサービスを紹介すると同時に導入事例を紹介する予定だという。

■ニュースリリース
http://www.jbcchd.co.jp/2013/01/10.html

■「Sococo Team Spaceご紹介セミナー」の詳細と申し込み
http://www.i-guazu.co.jp/topics/2013/01/sococo-team-space.html

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5