Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日立、エンタープライズサーバ「EP8000シリーズ」にエントリーモデルを追加

2013/02/27 12:00

日立製作所は、高性能・高信頼なシステム向けのUNIXサーバであるエンタープライズサーバ「EP8000シリーズ」のエントリーサーバにおいて、最新のPOWER7+プロセッサーを搭載し、従来モデル比で最大約1.2倍のトランザクション処理性能を実現するとともに、仮想サーバ数を従来モデル比で2倍にした新モデルを3月1日から販売開始すると発表した。
 

「EP8000シリーズ」では、2012年12月に、ハイエンドサーバ、ミッドレンジサーバにおいて、POWER7+プロセッサーを搭載し、仮想化機能を強化した新モデルを製品化しており、今回、エントリーサーバ「EP8000 740」と「EP8000 720」を製品化したことで、幅広いラインナップがそろったことになる。

「EP8000シリーズ」は、メインフレームクラスの信頼性と可用性を備え、OSに最新のAIX V7.1をサポートしたUNIXサーバ。金融機関や製造業をはじめとする企業の基幹業務システムや、電力、交通などの社会インフラシステムにおいて、多くの実績があるとしている。

今回発表された、エントリーサーバ「EP8000 740」と「EP8000 720」では、最新のPOWER7+プロセッサーを搭載し、従来モデル比で最大約1.2倍のトランザクション処理性能を実現したという。また、プロセッサー1コアあたりの仮想サーバ数を従来製品比で2倍となる20LPAR(Logical PARtitioning/Logical PARtition)に拡大するとともに、メモリ上のデータを圧縮することで、搭載している物理的なメモリ容量以上に利用可能な容量を拡張できるメモリ仮想化機能「Active Memory Expansion」をサポートするなど、「EP8000シリーズ」の特徴である仮想化機能を強化したという。

■エンタープライズサーバ「EP8000シリーズ」の詳細
http://www.hitachi.co.jp/EP8000/

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5