SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

イノベーターの本棚

ジョブズがアドバイスを求めた男の「クリエイティビティにあふれる社員を雇い育てる52のルール」

(第11回)イノベーションに効く洋書04:“Finding the Next Steve Jobs: How to Find, Hire, Keep and Nurture Creative Talent”

クリエイティビティはルールからは生まれない-ルールではなくアトバイス

 ここからは、52のポンの中でわたしが気に入ったものをいくつか。

職場を広告にしてしまおう(Make Your Workplace an Advertisement for Your Company)

 「アタリがスティーブ・ジョブズを見つけたのではない。彼が見つけやすいような会社にしていたのだ。良い会社とは、いつでも自分自身を宣伝している。」という印象深い文から始まっている1個目のポンです。

 アタリの自由なオフィスの雰囲気、金曜日に開催される誰もが参加できるパーティー、クリエイティブな企業だと思わせるような会社名(例えば「アップル」)、そして普通の会社ではあまり見ないような奇妙な肩書き。

 そのような組織文化を作っていくひとつひとつの試みが、職場自体が広告となってしまうことにつながっていくのです。

寝よう(Go to Sleep)

 「えっ?!」と思ってしまう51個目のポン。テクノロジー系の企業は不眠不休という勝手なイメージがつきまとっているかもしれませんが、ブッシュネルによると、睡眠というのは人間にとってもっとも欠かせない、もっとも重要なものとのこと。

 しかも、夜にしっかり寝ましょうという話しにとどまらず、昼寝も取り入れることで生産性が上がるという話しが書かれています(その中で「日本企業の中には、仮眠を取るための施設を提供している企業が多い」と書かれているのですが、そうなんでしょうか?)。スティーブ・ジョブズも職場に布団を持ち込んで、好きな時に寝ていたのだとか。

行動しろ!

 結論として書かれている52個目のポンは、行動することの大切さで締めくくられています。誰でも良いアイデアを思いつくことはできる。重要なのは、行動すること。本書からひとつだけ学ぶとすれば「行動すること」だと書かれています。ここでも出てくるのがジョブズの例。彼がコンピューターアニメーションの可能性を感じブッシュネルに相談をし、自分の考えに確信を持ったジョブズは、すぐにルーカスフィルム社のコンピューターアニメーション部門を買収し、ピクサーを成功にまで導いた彼の行動力が紹介されています。

 これ以外にも情熱の大切さを説いている4個目のポン、採用面接でお気に入りの本を聞くことを薦める13個目のポン、仕事中に社員にWikipediaを読むことを薦める47個目のポンなど、ユニークなアドバイスが詰まっています。

 イノベーティブな企業を作りたいと考えている経営者やマネジャーはもちろん、自分の頭を柔らかくしたいと思っている方であればどなたでも面白く読める一冊です。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
イノベーターの本棚連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

新井 宏征(アライ ヒロユキ)

SAPジャパン、情報通信総合研究所を経て、2013年よりプロダクトマネジメントに特化したコンサルティング会社である株式会社スタイリッシュ・アイデアを設立。2006年に『プロダクトマネジャーの教科書』を翻訳出版後、企業に対するプロダクトマネジメントの導入や新規事業開発、製品開発の支援を行っている他、「プロダクトマネジャー養成講座」を開講し、プロダクトマネジャーの養成にも力を入れている。また、プロダクトマネジメントに関する話題を中心とした「Stylish Ideaニューズレター」も毎週発行している。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/5281 2013/12/27 08:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング