Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

データセンター仮想化とパブリック・プライベートクラウド管理のプラットフォーム Red Hat、OpenStack対応クラウドを実現する「Enterprise Virtualization 3.3」を提供開始

  2014/01/28 14:00

 米Red Hatは、1月22日(現地時間)、データセンターの仮想化を拡張し、ワークロードの増大へシームレスな対応を特徴とする「Red Hat Enterprise Virtualization 3.3」を全世界で提供開始したと発表した

 「Red Hat Enterprise Virtualization」は、データセンター仮想化を実現するとともに、OpenStackへの移行手段を提供するように設計されており、さまざまな企業が、サービスレベル、性能、またはスケーラビリティを妥協することなく、従来型のワークロードと弾力性のあるワークロードを既存のインフラストラクチャ上に配備することが可能になるという。

 提供を開始した最新バージョンでは、OpenStackサービス(コンピュート、ストレージ、およびネットワーキング)との組み合わせることができるという。

 データセンター仮想化プラットフォームとして「Red Hat Enterprise Virtualization」を使用し、プライベートクラウドは「Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform」を使用することができるという。

 プライベートクラウドとデータセンター仮想化の環境が共有できるため、インフラストラクチャ層を重複させる必要がないとしている。

 最新バージョンには、次のようなインフラストラクチャ、ネットワーク、およびストレージ機能の拡張が含まれている。

 ・新しいセルフホステッドエンジンにより、Red Hat Enterprise Virtualizationマネージャをホスト上の仮想マシンとして配備することが可能になったことで、必要とされるハードウェアが減少。

 ・バックアップ&リストア用のAPIとしてバックアップインフラストラクチャが追加、サードパーティソフトウェアベンダが仮想マシンのバックアップ/リストアを行う充実したAPIを提供。

 ・OpenStack GlanceとOpenStack Neutronのサポートにより、プライベートクラウドとデータセンター仮想化の間で共通のインフラストラクチャを使用することが可能になり、仮想マシンテンプレートの保存や、先進的なネットワークを構成可能。

【関連リンク】
「Red Hat Enterprise Virtualization」の詳細(英文)
「Red Hat Cloud Infrastructure」の詳細(英文)

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5