Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ミラクル・リナックス、Zabbix 2.0対応の統合監視サーバ「MIRACLE ZBX8200」を発売

2014/02/18 15:00

 ミラクル・リナックスは、企業向け統合監視サーバの新たなラインアップとして、Zabbix 2.0に対応した大規模システム向け「MIRACLE ZBX8200」を2月18日から発売すると発表した。

 「MIRACLE ZBX8200」には、MIRACLE ZBXによる監視を効率化するオプション製品「設定バックアップオプション」と「監視データ出力オプション」「PRIMERGY監視テンプレート」を無償でバンドルする。

 製造業、流通業などIT企業以外のユーザ企業でもZabbixの採用が進み、Zabbixに対するニーズが増加しているという。それに応えるため、「MIRACLE ZBX8200」は利用実績が豊富なZabbix 2.0に対応したとしている。

 「MIRACLE ZBX8200」は、次のような機能とサービスをオールインワンで提供するという。

 ・日本品質の高信頼性PCサーバ「FUJITSU Server PRIMERGY RX200 S8」を採用
  高品質PCサーバ「PRIMERGY RX200 S8」を採用。ハードウェアごとに自サーバ監視とチューニングを施し、負荷試験や長期利用を想定したランニング試験に基づいて、サーバでの最適なパラメータ値を検証し設定。

 ・データベースの性能向上
  データベースにMySQL 5.5を採用することで、データベースの性能、およびCPUのスケーラビリティが大幅に向上。また、テーブルパーティショニングで分割されたデータを操作することで、扱うデータ量を限定し、処理の高速化を可能に。

 ・バックアップ、リストア機能を標準提供
  「設定バックアップオプション」「監視データ出力オプション」と、「MIRACLE System Savior」によるリカバリディスクを標準バンドル。設定データのバックアップ/リストア、監視データのCSV出力によりデータの活用や長期保存、またハードウェア交換時の初期化を実現。

 ・Zabbixサーバのクラスタ化でシステム全体の可用性を向上
  CLUSTERPROを採用し、プロセス障害を自動で復旧可能なシングル構成や、ハードウェア障害にも対応可能なクラスタ構成で障害発生時も監視サービスの継続が可能に。

 ・最長10年の長期サポートを提供
  日本企業ユーザから求められる安定したバージョンの供給と長期サポート提供の要望に応え、アプライアンスのハードウェア保守期間に合わせて、最長10年のMIRACLE ZBXサポートを提供。

【関連リンク】
製品の詳細

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5