Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

東陽テクニカ、会員制のIT機器ベンチマークテストサービス「@benchmark」を提供開始

  2014/04/15 14:10

 株式会社東陽テクニカとパステル・ネットワークス株式会社は4月15日、会員制のIT機器ベンチマークテストサービス「@benchmark (アット・ベンチマーク)」を提供開始したと発表した。

 東陽テクニカの情報通信システム営業部課長の中村彰宏氏
▲東陽テクニカ 情報通信システム営業部 課長
中村 彰宏氏

 「@benchmark」は、ユーザーやSIサービス会社などが、IT機器を的確に選定し、効果的に導入できるよう支援することを目的とするサービス。登録会員の依頼に応じて実環境に近い設定で、検証を無料で実施し、テスト結果を提供する。

 テスト結果はWeb上で公開し(なお、依頼主情報は非公開)、会員であれば無料で閲覧・再利用できるという。また、テスト数値の読み取り方、テスト結果の活用ノウハウなどを公開し、会員同士が自由に情報交換できるコミュニティも提供する。

 東陽テクニカの情報通信システム営業部 課長の中村彰宏氏は、「ユーザーの立場になって、実際の利用環境に近い設定で各機器の検証結果を提供するのが@benchmark。熟練した技術者達がテストで使用した機器や、そのテスト方法に関してすべて公開していく」と述べる。

 「@benchmark」サービスの会員登録料は、月額5万円(税別/最低利用期間:6カ月)または年額55万円(税別)。 東陽テクニカとパステル・ネットワークスは、初年度100会員・団体の利用を見込んでいる。

@benchmark (アット・ベンチマーク) Webサイト

対象機器

ネットワーク機器、サーバ、ストレージ、UTM、ロードバランサなど(2014年4月現在)

※対象機器は順次追加予定 ※対象機器(デモ機可)は依頼主(会員)が手配

対象項目

スループット、最大転送レート、レイテンシ(遅延)、TCPトラフィック帯域、新規セッションレート、最大TCPコネクション保持数、書き込み/読み込みスピード測定、毎秒コール数、MOS値/R値(音声品質評価)、実効消費電力 ※その他、リクエストにより追加可能

【関連リンク】

@benchmark (アット・ベンチマーク) 

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5