Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「セキュリティ・プラス マネージドセキュリティサービス」の対応デバイスに「SecureSoft Sniper IPS」を追加 アズジェントがセキュアソフトと協業し、IPSの運用監視サービスを提供

  2014/05/08 17:00

 アズジェントとセキュアソフトは、増加の傾向にあるサイバー攻撃に対する防御の向上を目的に、「SecureSoft Sniper IPS」の運用監視サービスにおいて協業すると発表した。

 セキュアソフトの提供する侵入防御システム「SecureSoft Sniper IPS」は、高い検知率とパフォーマンス劣化が少ないアプライアンスであること、管理画面が日本語で操作がしやすいことから、公共システムをはじめ多くの組織で利用されているという。

 アズジェントは、自社のセキュリティノウハウを集約したセキュリティサービスとして、「セキュリティ・プラス マネージドセキュリティサービス」の提供を行っている。

 「セキュリティ・プラス マネージドセキュリティサービス」は、エンドユーザのセキュリティ機器を専門のアナリストが24時間365日運用監視を行い、セキュリティインシデントが発見された場合には、相関分析を実施、イベントの内容と必要なセキュリティ対策を提案するサービス。

 このサービスを導入により、エンドユーザは社内に専任のセキュリティ担当者がいるかのごとく、セキュリティ運用を行うことが可能となるという。

 今回の協業により、アズジェントの「セキュリティ・プラス マネージドセキュリティサービス」の対応デバイスに「SecureSoft Sniper IPS」が新たに追加された。

 セキュアソフトは、「SecureSoft Sniper IPS」のユーザに「セキュリティ・プラス マネージドセキュリティサービス」を提供することで、アズジェントの専門アナリストによる24時間/365日の監視サポートと、最新のサイバーセキュリティ情報と豊富な経験に裏付けられた運用ノウハウを「サービス」として受けることがでるとしている。

 また、アズジェントは、自社のコンサルティングサービスにおいて、IPSが必要と判断された顧客に対して、「SecureSoft Sniper IPS」を推奨製品として提案していくという。

【関連リンク】
ニュースリリース

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5