SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

超入門!ベンダー管理の基本

調達時:RFIの出し方―「情報を出せ」では決してうまくいかない(第2回)

■第2回


 IT部門がベンダーと最初に接点を持つのは技術的な調査を行うRFI(Requet For Information)という段階です。しかし、ベンダーコントロールにおける第一の失敗は、このRFIのタイミングで起きます。今回はRFIの出し方について考えていきます。

ベンダーコントロールにおける"第一の失敗"は、RFIのタイミングで起きる

 IT部門がベンダーと最初に接点を持つのは技術的な調査を行うRFI(Requet For Information)という段階です。  

 業務ユーザーが実現したい要件をどうやって実装するのか、自分たちの課題を解消するのにどんな技術が役立つのか、そうした悩みに対する答えをベンダーが持っていれば、彼らの提供する製品やソリューションについて調達を検討します。

 インターネット上には市場シェア、ユーザー事例に関する情報が散らばっています。あなたの期待に応えそうな見込みのある製品をいくつか候補に挙げることは難しくありません。そうして集めた情報は「ロングリスト」と呼ばれ、これから情報収集を深める製品を絞り込んだ一覧表として使われます。このロングリストから要件適合性の高い製品を2つ、3つに絞り込んだものを「ショートリスト」と呼び、これを整理できれば製品選定の目処が立ちます。  

 ショートリストを作るためには、ベンダー担当者とのコミュニケーションを重ね、一般的なケーススタディではなく、自分たち固有の要件への適合性を判断してもらう必要があります。  

 ベンダーコントロールにおける第一の失敗は、このRFIのタイミングで起きます。  

 IT部門はベンダーから製品を買うという立場です。しかも何百万円以上もする高い買い物をするのですから、自分が納得するまできっちりと説明を受けてから判断したいですよね。一般的に公開されている情報だけでは分からないのだから、ベンダーには、(1)こちらのニーズをしっかりくみ取る(2)提案内容がこちらのニーズに合ったソリューションであることを説明する、もちろん(3)技術担当者から直接説明をしてもらう、くらいのことを求めるのは自然なことですよね。  

 そのためには、何度も打ち合わせを重ねて、設計ガイドラインや運用管理レベルで問題ないことを確認し、分からないことがあればベンダーの専門家に都度尋ねることができて、はじめて製品購入の判断に自信が持てるようになります。  

 しかし、立場を変えてみてください。  

 たとえば、あなたが業務ユーザーからの質問に答えるシステム担当者だったとしましょう。日々のシステム維持業務に忙殺されて毎日残業の日々です。そんな状況で、何人かの業務ユーザーから毎日次のような些末な質問を投げかけられたとしたら、どう感じますか?

「トップ画面の背景色ってどうして薄緑なの?白の方が見やすくない?」

「今のシステムを使ってどう業務を改善していけばいいかな?」

「一度こっちに来て直接説明してくれない?」

次のページ
どんな情報を集め、何を判断するかを決めるのはIT部門の役割

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
超入門!ベンダー管理の基本連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

吉澤 準特(ヨシザワ ジュントク)

外資系コンサルティングファーム勤務。ビジネスからシステムまで幅広くコンサルティングを行う。専門分野はシステム運用改善をはじめとするインフラ領域だが、クライアントとの折衝経験も多く、ファシリテーションやコーチングにも造詣が深い。まぐまぐにてメールマガジン「IT業界の裏話」を発行中。著書に「最新会議運営...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/6071 2015/04/21 13:35

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング