Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

アズジェント、対サイバー攻撃でSaaS型の「セキュリティ・プラス Webサイトプロテクション」

  2014/08/26 12:35

 アズジェントは、DDoS攻撃やWebサイト改ざん等の被害からWebサイトを守るためのクラウドサービス「セキュリティ・プラス Webサイトプロテクションサービス」の提供を9月1日から開始すると発表した。サービス料金は月額98,000円から。

 「セキュリティ・プラス Webサイトプロテクションサービス」は、WAF(Web Application Firewall)が持つ機能を、より企業が導入しやすいクラウド/SaaS型で提供するもの。このサービスにより、企業は大幅なシステム構成変更やサービス停止などを伴うことなくWAFの機能を手軽に導入することができるとしている。

 このサービスの根幹となるWAFの機能は、WAF市場のリーディングカンパニーとして高い評価を得ているIMPERVA社が提供するSaaS型クラウドWAFサービス「Incapsula」をベースにしている。

 「Incapsula」のプラットフォームは、常に世界のサイバーセキュリティ動向を踏まえて最適化された状態が維持されているため、利用者は複雑な設定を行うことなく、導入の時点からすぐにその効果を得ることができるという。

 そのサービスをベースに、アズジェントは導入支援、導入後の24時間365日のインシデント監視、ブラックリスト管理などの運用支援、月次レポートの作成、最新動向の提供など、あらゆるフェーズで企業を支援するとしている。

 「セキュリティ・プラス Webサイトプロテクションサービス」の特徴は次のとおり。

 ・専門知識を必要とするWebサイト防御のための仕組みをSaaS型で提供
 ・Webサイトへのアクセスを24時間365日体制で監視し、攻撃の検知やアラートを実施
 ・DDoSプロテクション機能により、広帯域を使用したDDoS攻撃からWebサイトを防御
 ・Webサイトのコンテンツの性質、アクセス量などの要件にあわせて、セキュリティ専門のアナリストが最適な施策を提案
 ・CDN(Contents Delivery Network)機能により、Webトラフィックを最適化
 ・DNSプロトコルプロテクション機能によるDNSサーバの保護
 ・PCI-DSS(6.6項)で求められるWAF機能要件に準拠
 ・グローバルに展開されたデータセンターによる高い可用性を実現
 ・システム構成変更や、サービス停止を行うことなく、短期間(最短3営業日)で導入可能

【関連リンク】
サービスの詳細

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5