Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

「人々の未来を拓く社会イノベーション ~情報活用が革新するビジネスと社会~」をテーマに 日立、「Hitachi Innovation Forum 2014 TOKYO」を10月30~31日に開催

  2014/09/17 12:20

 日立製作所は、10月30日(木)、31日(金)の両日、東京国際フォーラム(東京・丸の内)において、「Hitachi Innovation Forum 2014 TOKYO」を開催する。

 このイベントでは、「人々の未来を拓く社会イノベーション ~情報活用が革新するビジネスと社会~」をテーマに、社会が直面している課題に情報活用によるイノベーションで応える日立グループの新たな取り組みについて、講演やビジネスセッション、シンポジウム、セミナー、展示を通じて幅広く紹介する。

 基調講演では、日立の執行役会長兼CEOの中西宏明氏が、社会全体での幅広いパートナーリングと、長期にわたる価値の協創によるイノベーションで、社会や、ビジネスのさまざまな課題を解決し、よりよい社会の実現と、ビジネスのさらなる成長をめざす、日立グループの社会イノベーション事業の取り組みについて紹介。

 また、ノーベル経済学賞受賞者のポール・クルーグマン氏(プリンストン大学教授)による特別講演をはじめ、昨年、日本初のクルーズトレイン「ななつ星 in 九州」を世に送り出した九州旅客鉄道・代表取締役会長の唐池恒二氏、日本に造詣の深い作家で、演出家のロジャー・パルバース氏、大前研一氏(ビジネス・ブレイクスルー大学学長)、ロザベス・モス・カンター氏(ハーバード・ビジネス・スクール教授)などの講演も予定されている。

 そのほか、「社会インフライノベーション」「ライフイノベーション」「ビジネスイノベーション」「セキュリティ」、そして「ITプラットフォーム」の5カテゴリーにおいて、80以上のセミナーにより、社会イノベーションの実現に向けたさまざまな取り組みを紹介するとしている。

 展示ホールでは、人間行動分析技術をホール全体に適用した体験型デモンストレーションをはじめ、ビッグデータ利活用の先進事例や、クラウド、M2M(Machine to Machine)、セキュリティの幅広いソリューションのほか、高度なITを駆使した社会インフラシステム、ヘルスケアや農業など、日立グループのソリューションとITプラットフォームを紹介する。

■開催概要
日時:10月30日(木)、10月31日(金)(9:30~18:00)
会場:東京国際フォーラム(東京・丸の内)
主催:日立製作所
参加費:無料(事前登録制)

【関連リンク】
「Hitachi Innovation Forum 2014 TOKYO」の詳細

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5