Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ISIDとISIDBC、マイナンバー制度対応ソリューションの提供を開始

2015/04/15 13:20

 電通国際情報サービス(ISID)と、ISIDビジネスコンサルティング(ISIDBC)は、2016年1月に予定されている社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の運用開始に向け、企業の迅速かつ効率的な制度対応を支援するコンサルティングサービスを4月15日から提供すると発表した。また、ISIDの人事パッケージのマイナンバー対応も予定されている。

 コンサルティングサービスは、独自開発したテンプレートと対面コンサルティングをパッケージ化して提供することにより、必要な制度対応を、企業が自社で着実に遂行できるよう支援するもの。

 また、ISIDの統合人事パッケージソフト「POSITIVE」「STAFFBRAIN」においてもマイナンバー対応機能を9月から順次提供するという。

 「POSITIVE」は、人事・給与・就業管理に加えて、タレントマネジメント支援やグローバル人事など広範な業務機能を網羅した統合人事パッケージ。

 「STAFFBRAIN」は、人事・給与・就業の統合管理を低コストで実現する、中堅企業向けのパッケージ。

 今回提供されるソリューションの概要は次のとおり。

 (1) マイナンバー制度自主対応支援コンサルティング:ISIDBC が独自開発したマイナンバー制度対応テンプレートを活用し、制度・業務・システムに精通したコンサルタントの支援のもと、対応方針決定から実施までを、企業が自社で遂行できるよう支援。

 (2) 統合人事パッケージソフト「POSITIVE」「STAFFBRAIN」のマイナンバー対応:「POSITIVE」「STAFFBRAIN」の各システムの追加機能として、マイナンバーの収集、帳票出力、安全管理措置などに対応するための各種機能を9月から順次提供。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5