Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

EMCジャパン、クラウド対応ソフトウェアなど、次世代データ保護製品群を発表

2015/06/18 16:00

 EMCジャパンは、エンタープライズ企業のデータ保護戦略を推進するため、「EMC Data Domain DD9500」をはじめとするデータ保護製品群の提供開始を発表した。

 EMCジャパンは、今回の製品アップデートによって、データセンター内のデータ、クラウド環境へのデータ、ならびにクラウド環境内のデータを保護する新しいプラットフォームとサービスを提供するという。

  新製品群によって、ユーザーはコストを大幅に削減し複雑さを軽減しながら、データの存在場所に関係なく、すべてのデータを保護することが可能になるとしている。

 新製品の概要は次のとおり。

 1.「Data Domain」

 ・「Data Domain DD9500」:58.7TB/時のパフォーマンス:競合製品と比べて1.5倍、厳しいデータ保護要件も確実にサポート/1.7PBの大容量を提供

 ・「Data Domain DD2200」: 小規模オフィス向けの2Uで最大4TBの実効容量を保護/データ整合性の保護をハイエンドと同じレベルで実現

 2.「EMC Data Protection Suite 2015」

 ・「CloudBoost Connector」:プライベートおよびパブリッククラウドへの長期保管を実現/月単位、年単位のコピー バックアップデータのクラウド転送

 ・「Data Protection Search」:「Data Protection Suite」利用者のための検索機能/メタデータまたは全文検索により結果の抽出

 ・「Data Protection Advisor 6.2 SP1」:サポートアプリケーションの拡充/「Data Domain」解析の機能拡張/「ProtectPoint」環境の解析、およびレポート/オブジェクトサーチ機能

 3.「EMC ProtectPoint」

 プライマリ ストレージから「Data Domain」への直接バックアップを可能にし、従来必要であったバックアップ インフラを不要にすることで、コスト削減を実現するソフトウェア。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5