Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

アシスト、ビジネスルール管理システムと日立の「Cosminexus」を組み合わせたソリューション

  2015/07/27 13:30

 アシストは、アシストが取り扱うBRMS(ビジネスルール管理システム)「Progress Corticon」(開発元:米Progress Software社)と、日立製作所が開発・販売するWebアプリケーションサーバ「uCosminexus Application Server」とを組み合わせた高速開発ソリューションを提供すると発表した。

 BRMS「Progress Corticon」は、ビジネスルールをアプリケーションから独立させて管理することができるため、従来型の開発では困難だった「後工程での仕様変更」を可能にする。

 100%コーディングレスでビジネスルールの追加・変更を迅速にシステム展開できる「Progress Corticon」は、審査や加入条件の変更が多い保険・金融業界や、料金プランの変更が多い通信業界、診療報酬ルールのように度重なる改定が予想される医療分野、さらに電力自由化やマイナンバー制のような既存の仕組みが大きく見直されるような制度改定への対応において「変化に強いシステム基盤」として注目されているという。

 また、日立製作所が提供する「uCosminexus Application Server」は、ミッションクリティカルなシステムでの多数の実績を持つWebアプリケーションサーバ。ユーザリクエストの急激な変動や高負荷にも、きめ細やかな流量制御や優先制御で安定稼働を実現させるという。

 トラブルシュート機能を強化したJava VMを搭載し、万一障害が発生しても影響範囲が局所化でき障害から自律的に回復できるなど、堅牢性の高いシステム開発を可能とする。

 今回、アシストは、新たに両社の製品を組み合わせて、ビジネスルールは「Progress Corticon」で管理し、アプリケーションは「Cosminexus」を基盤として構築することで「変化への強さ」と「堅牢性」を兼ね備えたシステム基盤を実現したとしている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5