Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NEC、ストレージ選択が可能な「SAP HANAテーラード・データセンター統合ソリューション」を発売

  2015/08/18 14:00

 NECは、SAP社のインメモリデータベース「SAP HANA」を利用するためのストレージをユニファイドストレージ「iStorage Mシリーズ」5機種から選択可能にする「SAP HANA テーラード・データセンター統合ソリューション(iStorage)」を8月18日から発売すると発表した。

 新ソリューションは、先行して販売している「SAP HANA TDIソリューション(EMC)」におけるEMC製ストレージの選択に加えて、NECのストレージ「iStorageシリーズ」の選択も可能にしたもの。

 選択可能なストレージは、SAP社より「SAP HANA テーラード・データセンター統合」の「SAP HANA Enterprise Storage認定」を受けたもので、事前に動作検証や評価を実施している。

 SAP社が定める性能・可用性など各種要件の基準値達成をユーザ自身が行うことなくSAP HANA環境を構築可能で、従来に比べ、大幅に導入期間を短縮することが可能だという。

 「SAP HANA TDIソリューション(iStorage)」のラインナップは次のとおり。

  • iStorage M110 モデル
  • iStorage M310 モデル
  • iStorage M510 モデル
  • iStorage M710 モデル
  • iStorage M5000 モデル

 また、発表された製品の特徴は次のとおり。

 1. ユーザの既存資産を活かし、環境に合わせた最適ソリューションを提供

 NECのSAP HANAアプライアンスサーバ「NEC High-Performance Appliance for SAP HANA」に「iStorage Mシリーズ」の5機種を組み合わせて提供。これにより、1台のストレージを複数のSAP HANAアプライアンスサーバで共有し、効率的に運用することができるとともに、「iStorage Mシリーズ」のデータバックアップ機能等を活用することも可能になる。

 また、既に「iStorage Mシリーズ」の該当機種を利用中のユーザは、既存のストレージを活用した短期間でのSAP HANA環境構築や現行のストレージ運用の適用が可能。

 2. SAP HANA環境の導入期間を大幅に短縮

 「SAP HANA Enterprise Storage認定」を受けたストレージは、事前にSAP HANAアプライアンス上での動作検証や評価を実施しており、SAP社が定める性能・可用性など各種要件の基準値達成をユーザ自身が行うことなくSAP HANA環境を構築可能で、従来に比べ大幅に導入期間を短縮することが可能。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5