EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

理想とするストレージ環境を整理する――仮想化データセンターの正しいアーキテクチャーとは何か?

edited by DB Online   2015/11/09 06:00

 第1回目の記事では、サーバー仮想化によってデータセンターの環境が一変し、さらにその流れがネットワーク、そしてストレージへも波及しているということをお伝えしました。第2回目の記事では、特にデータセンターのストレージで起こっている問題と、その解決のための取り組みを取り上げてきました。今回はこうした状況を踏まえ、ストレージ環境における今後の方向性について解説していきます。

理想とするストレージ環境とは?

 第1回目の記事「今データセンターで何が起きている? Software-Defined Data Centerとは」では、仮想化によってシステム統合が実現したものの、第2回目の記事「今データセンターで何が起きている? 仮想化によって明らかになったストレージの問題点」で解説したような問題で、アプリケーションのストレージ要件によって、ストレージシステムがサイロ化してしまい、うまく統合されていないということを述べてきました。では、本来理想とするストレージ環境とはどのようなものでしょうか。

 ストレージシステムのサイロを生まないためには、あらゆるアプリケーションの要件に応えられる単一のストレージシステムが必要です。容量(キャパシティ)、性能(パフォーマンス)、データ保護(可用性)、バックアップ、セキュリティなど、アプリケーションごとに様々に異なるこれらのストレージ特性の要件に対して、応えることができる理想的なストレージシステムです。

 また、湯水のようにコストを掛けても良いものでもありません。つまり、必要なときに、必要なだけのストレージ特性を利用できなくてはならないのです。サーバーにおいてCPU・メモリなどの特性を必要なときに、必要なだけ提供することを実現したのが仮想化でした。今はそれがストレージにも求められているのです。これを実現するのがSoftware-Defined Storageです。

 Software-Defined Storageでは、仮想マシン(アプリケーション)が必要とするストレージ特性を単一のストレージシステムからソフトウェアで提供できるようになっています。従来からソフトウェアでの提供が実現していたデータ保護やバックアップ、セキュリティに加え、これまではソフトウェアの提供が難しかったパフォーマンスについても、フラッシュや分散ストレージの登場によって、ソフトウェア制御で柔軟な提供が可能になっています。

 こうしたシステムの登場によりデータセンタのストレージは大きくその形態を変えつつあります。単一のシステムで様々なアプリケーションに対応できるようになったため、これまでアプリケーションごとに多様化していたストレージは別の方向へと進化を始めているのです。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 三好 哲生(ミヨシ テツオ)

    株式会社ネットワールド マーケティング本部所属 VMwareを中心とする仮想化・クラウド関連製品・サービスのマーケティングを担当 マーケティング企画立案、セミナー講師などの傍らフィールドでのマーケティングも。 趣味はスキューバダイビングで、マイブームは子供と遊ぶこと。 共著『できるPRO VMware vSphere 6』(インプレス)

バックナンバー

連載:Software-Defined Data Center×データセンターストレージの新常識
All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5