Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

データ分析・ビジュアライゼーションツール「Tableau」のOEMプログラムを国内で開始

  2015/11/25 13:00

 Tableau Japanは、11月25日、同社が展開しているデータ分析ツールの「Tableau」のOEMプログラムをアジアパシフィック地域に先駆けて日本でスタートさせると発表した。同社の提供しているビジュアライゼーションソフトウェアは、現在全世界で35,000社の採用実績があり、業種を問わず採用されているという。

 「Tableau」は、情報を分析してビジュアル化し、共有することができるツールで、全世界で35,000社の採用実績があり、業種を問わず採用されているという。

 OEM提携先には、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)やハードウェアベンダー、クラウドを利用したSaaSベンダー、ビッグデータ保有企業を想定しており、提携先各社は自社製品やサービスに「Tableau」を組み込み、自社ブランドとして一体化した製品を市場に提供することが可能となるとしている。

 ビッグデータを活用した情報提供サービスのインターフェイスとしても「Tableau」は非常に有力な付加価値提供ツールになるとしている。すでに、NTTデータおよびJBCCが「Tableau」のOEMを検討し始めているという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5