SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

RFP書き方指南

RFPで提案を依頼したい事項 その3


 RFPを書くにあたって、実際に提案をしてほしい事項、ベンダにやってほしい事項とその範囲などについて書いてきました。連載の最後にRFPを書く上での留意点について、私の経験をもとに書いてみたいと思います。

RFPはワガママ文書であるべき

 RFPの作成は原則的にはユーザ企業が行うもので 、その要望や希望を比較的ストレートに表現します。業者と共に、あるいは業者が主体で決められることの多い要件定義書とは異なり、RFPにはユーザが技術的な制約やベンダの事情等を考慮せず、自身の要望やニーズを素直に書くことができます。

 「必ずしも、統計の知識を有しないオペレータでもモンテカルロシミュレーションを直観的な操作でできるような…」 などと好き放題なことを自分の希望最優先で書いていますので、ある意味、ワガママとも言えますが、以降の工程ではなかなかできない、自由な発想や要望を自社の都合だけで検討したこの資料は、ユーザの本来の目的を最も忠実に表現したものと言ってもよいでしょう。

 逆に、この時点から様々な技術的な制約や発注したい業者の都合に合わせて要望を書いているようなRFPは、本来の目的をボヤかしてしまい、結果としてはユーザの望むシステムやサービスを実現できなくなる危険を孕んでいます。

 RFPで、ユーザから好き勝手なことを言われる業者は当然、その記述内容を「なんでも仰るとおりに…」と受け入れることはできません。自分なりの提案をしていく必要ですし、そうしないことは、ある意味怠慢です。「ワガママ」と「代替案」の応酬こそが、結果的には良いシステムやサービスを実現するものであり、RFPはユーザがキャッチボールの最初に投げべき「悪球」と言うこともできます。

次のページ
守るべきものとそうでないものを見分けられる業者か。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
RFP書き方指南連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

細川義洋(ホソカワヨシヒロ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/7603 2016/02/24 13:36

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング