Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

デル、WyseシンクライアントとXenDesktop構築を実現するVDIアプライアンスを発表

2016/03/14 15:00

 デルは、シンクライアント・ソフトウェアの最新版である「Wyse ThinOS 8.2」と、仮想デスクトップインフラストラクチャー(VDI)アプライアンス「Dell Appliance for Wyse –Citrix」の最新バージョンを発表した。これらは、シンクライアント・ユーザーのコミュニケーション環境の生産性を最適化するとともに、より容易で速く、高いコスト効率でCitrix環境を構築、運用を可能にするという。

 「Wyse ThinOS 8.2」は、Citrix HDX RealTime Optimization Pack経由でLync 2015(UIモード)向けにLync 2010、Lync 2013、Skype for Businessクライアントを提供する。また、最新版の「Dell Appliance for Wyse –Citrix」は、小規模な導入から、Citrix XenDesktopを使用する場合には最大5,000ユーザーまで拡張可能な2Uモジュール内に、Citrix環境の構築に必要なサーバ、ストレージ、ネットワーク製品をシンプルに統合している。

 「ThinOS 8.2」ファームウェアの特徴は次のとおり。

 ・ユニファイドコミュニケーションの接続性:「ThinOS 8.2」に含まれるLync向けCitrix HDX RealTime Optimization Packは、Lyncサーバ、Lyncクライアント2010/2013、Lync 2015 (UIモード)のSkype for Businessクライアントをサポート

 ・セキュリティ向上:オペレーティングシステムは、AES採用のTLS 1.2向けサポートを含め、セキュリティと暗号化方式をアップデート。加えて、安定性の高い802.1x有線および無線認証セキュリティ・プロトコル・スイートをサポート

 ・下位互換性と延長プロダクトサポート:Wyse 5010/7010/5040 AIO with ThinOS、Wyse 5010、5040 AIO with PCoIPを含む数百万にのぼる既存のデルWyseシンクライアントにインストールが可能

 「Dell Appliance for Wyse – Citrix」の主な特徴は次のとおり。

 ・シンプルさ:計画、発注、インストール、運用、管理が容易で、VDIプログラムを短時間かつ簡易に実装可能

 ・スケーラビリティ:1台のアプライアンスから始めて、最大5,000ユーザー規模まで拡張可能

 ・異機種環境のユーザー:ベーシック、アドバンス、プロフェッショナルのいずれのユーザーもサポートし、また同一のアプライアンス内でどのエンドポイントにもコンパチブルに対応

 ・エンドツーエンド・ソリューション:VDIエンドツーエンド・ソリューションに最適なCitrix HDXテクノロジーをサポートし、Dell ProSupport付きのWyseシンクライアントで構成可能

 ・高いコスト効率:企業はシングルサーバのアプライアンスの購入から始められ、1ユーザー当たり、XenDesktop共有セッションで5~6万円から、従来型の仮想デスクトップでは6~7万円から実現

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5