Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

中国電力がCTC・EMC・ヴイエムウェアとネット仮想化技術活用のスマートメーター運用管理基盤を構築

  2016/05/19 16:30

 中国電力は、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)、EMCジャパン、およびヴイエムウェアと共同でネットワーク仮想化技術を活用したスマートメーター運用管理システムの基盤を構築したことを発表した。このシステム基盤の構築は、CTCがEMCのデータ記憶装置と、ヴイエムウェアのネットワーク仮想化ソフトウェアを最適な形で組み合わせることにより実現したものだという。

 中国電力では、広島県および岡山県に1か所ずつ、同様の機能を持たせた計算センターを設置・運用している。計算センターでは、中国電力の全ての顧客情報などの重要なデータを収容・管理しているが、電力の小売全面自由化に合わせたスマートメーターの導入に伴い、同メーターで記録し30分毎の電気ご使用量など、従来から大幅に増加する顧客データを、より安全かつ確実に管理するためのシステム基盤の構築が必要となっていたという。

 こうした課題を解決するために、CTCの運用ノウハウならびにEMCおよびヴイエムウェアの技術を活用することで、物理的に離れた位置に所在し、独立で運用してきた2か所の計算センターを仮想的に1つのネットワークとして統合したうえで、両計算センターで新たにスマートメーター運用管理システムの基盤を構築することとした。

 これにより、電気の使用量をはじめとする重要なデータが両計算センターで常に共有されることとなり、仮に一方の計算センターにおいてシステム障害が発生した場合でも、他方の計算センターのデータを活用することで、業務を円滑に継続することが可能となるなど、業務信頼度が格段に向上した。

 なお、2か所の計算センター、広島―岡山間(約140km)の長距離間での仮想環境構築は国内最大規模になるとしている。

 このシステム基盤構築は、中国電力の計算センターに設置されているEMCのデータ記憶装置「EMC VMAX」を、CTCが「EMC VPLEX」により仮想化し、さらにヴイエムウェアのソフトウェア「VMware NSX」でネットワーク全体を仮想化することで、2か所の計算センターを1つの仮想環境として統合した。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5