SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

テレワーカーに会いたい!

ネットワンの女性社員に訊く、「働くママ」のテレワーク事情

 テレワークの活用に積極的に取り組んでいるネットワンシステムズ(参考記事:「テレワークは外資企業だけのものではない!ネットワンが本気で取り組んだ“働き方改革”の舞台裏」)。たんに制度を整備するだけでなく、普段からテレワークを活用しやすくする仕事環境作りが重要だ。実際にネットワンシステムズの仕事環境はどのようなものなのか、比較的テレワーク活用が難しいと思われがちな人事部門、営業部門の2人の女性社員にお話を伺った。

「子育て」がテレワーク活用のきっかけに

 ネットワンシステムズ 経営企画本部 人事部 人事第2チームの牛島幸さん。テレワークを活用するきっかけとなったのは子育てだったそうだ。

写真:ネットワンシステムズ 経営企画本部 人事部 人事第2チームの牛島幸さん

ネットワンシステムズ 経営企画本部 人事部 人事第2チームの牛島幸さん

 「上の2人のときはテレワーク制度がありませんでしたが、3人目が生まれ仕事に復帰したときがちょうどテレワーク制度のトライアルが終わるタイミング。人事部門でも新しい制度を積極的に利用して、良いところ悪いところを明らかにしようとの意図もありました」(牛島さん)

 1人目、2人目の子育ての際は、就業時間の時短制度を使い子育ての時間を捻出していた。「朝、時差出勤ができるだけでも、いい職場だなと思っていました。当時は自宅で仕事をするなんて、発想すらありませんでした」と振り返る。

 テレワークを使い始めたとき、上のお子さんは小学生になり習い事も始めた頃。「帰ってきたときに、”おかえりなさい”と家で迎えてあげる。これは、親の役割として大事なことだなと実感しました」(牛島さん)

 市場開発本部 ICT戦略支援部 第2チーム エキスパートの手塚千佳さんも、上の子の子育て時にはまだテレワーク制度がなく、時短制度も十分ではなかった。「部署で変則勤務を許可してもらい、私だけ特別扱いの状況でした」と振り返る。幸い周りの理解があったので、それで極端に肩身が狭い思いはしなかったという。

 2人目の子育てが始まった頃も、テレワーク制度は整備される前。そこで、夫婦で時間のやりくりをし、仕事と子育ての両立を目指した。

 「下の子が保育園の年長の頃から、テレワークが使えるようになりました。今は、なんて便利なんだろうと実感しています」(手塚さん)

次のページ
テレワークがなければ異動もなかった

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
テレワーカーに会いたい!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/8163 2016/06/22 07:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング