SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

Oracle移行先として今、EDB Postgresへの関心が高まっている理由とは


オープンソースのPostgreSQLをベースにしたEnterpriseDB社の製品であるEDB Postgresに関心が集まっている。今なぜEDB Postgresなのか、Oracle Databaseの経験も豊富なアシストの徳原氏と、日本法人であるエンタープライズDBの代表取締役社長 藤田氏に話を訊いた。

 こ の ま ま Oracle を 使 い 続 け る の か ?

 DB Online Day2016開催!―企業で使う、PostgreSQLのいま

 2016年7月6日(水)13:00~17:30@大崎ブライトコアホール/受講料無料!事前登録制
 お申込みはこちら!

トリガーはOracle Database Standard Editionのライセンス変更

 Oracle Database Standard Editionのライセンス変更は、さまざまなところに影響を及ぼしているようだ。「今年に入ってから、EDB Postgresへの問い合わせがかなり増えています。アシストのEDB Postgres情報ページへのアクセス数も2016年2月は前年同期の4倍です」と言うのは、株式会社アシスト データベース技術本部 部長の徳原茂之氏だ。問い合わせ数はOracle Databaseに比べ3倍ほど、2015年の6月頃から増え始め、2016年に入ってからぐっと加速している。

株式会社アシスト データベース技術本部 部長の徳原茂之氏
株式会社アシスト データベース技術本部 部長の徳原茂之氏

 「EDB Postgresのライセンスは、もともとサブスクリプション型です。更新率も100%に近い。もちろん絶対量はまだまだOracleよりは少ないのですが、ビジネスは右肩上がりの傾向です」(徳原氏)

 EDB Postgresの問い合わせ内容も多岐にわたる。既存のパッケージアプリケーションのデータベースをOracleからEDB Postgresに置き換えられるかといった要望もある。ライセンス変更の影響によるStandard Editionからの乗り換えだけでなく、Enterprise Editionからの乗り換え事例も出始めている。

 アシストが手がけたコープネットの事例では、Oracle Database Enterprise EditionからEDB Postgres(旧製品名:Postgres Plus Enterprise Edition)に移行した。

 「ブレードサーバーの環境において、共有ディスクで仮想環境となると。Oracleの場合はブレード全てのCPUがライセンスの対象になってしまいます。ブレードの中には、本番環境用ではなく開発用なども含まれますが、それらも全て課金対象になってしまうとライセンス費用がかなり高くなってしまう。移行先としてMicrosoft SQL ServerやIBM DB2も検討しましたが、Oracle Databaseベースのアプリケーションを多数移行している実績があると言うことでEDB Postgresが選ばれました」(徳原氏)

 また、大和総研ビジネス・イノベーションの事例では、IoTの領域でEDB Postgresを活用している。センサーからHadoopにデータを集め、Hadoopと連携してセンサー情報と紐付ける属性情報をEDB Postgresで管理している。分析した結果のデータを表示するのにもEDB Postgresが使われている。

 「IoTのように新しく挑戦するようなビジネスでは、先行きがはっきりしないので最初に大きな投資が難しい。サブスクリプションのライセンスで使った分だけを小さく始められ、使い慣れたOracleとの互換性も高いということでEDB Postgresが選ばれました」(徳原氏)

 Standard Editionのライセンス変更は、トリガーに過ぎない。「正直、ここまで問い合わせが増えるとは予想していませんでした」と徳原氏。こういった事例が出てきていることも、EDB Postgresの引き合いを増やしている要因になっていると指摘する。

次のページ
ミッションクリティカルなシステムの事例も後押しに

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

DB Online編集部(ディービーオンライン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/8173 2016/06/27 17:59

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング