Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Linux特許共有企業のOIN、初となるユーザー契約をグーグルと締結

2007/08/09 14:00

米グーグルとOIN(オープン・イノベーション・ネットワーク)が、ライセンス契約の締結を発表。グーグルの契約を機に、Linuxの生態系を尊重する動きに拍車がかかると見られている。

 OIN(オープン・イノベーション・ネットワーク)は、関連する特許の共有化を進め、Linuxを特許侵害訴訟から守るために設立された。Linuxに対する特許権を行使しないという条件の下、OINは自らが取得した特許を企業・個人に無償で提供する。OINのライセンシーとなった企業は、特許を気にせずに開発に集中し、Linuxを様々な分野で活用できるわけだ。

 OINのCEO、ジェリー・ローゼンタール氏は「グーグルが今回結んだライセンシー契約がきっかけとなり、さまざまな企業がライセンシーとして参加することを期待している」と語った。

【参考】 Open Invention Network によるプレスリリース

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5