SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

Zoho CRMは安さとマルチチャネル対応を武器にSaaS市場で存在感を示せるか

 クラウドの本命はSaaSだと、たびたび主張している。IaaSやPaaSで容易かつ迅速にアプリケーションを構築し展開できることも重要だ。とはいえ多くの企業ですぐに有用となるのが、クラウド上にあるアプリケーションを水道やガスといった公共サービスと同じように利用できることだろう。SaaSで先頭を走っているのはSalesforce.comだ。NetSuiteの買収を発表し「世界No1のクラウドERP」を手に入れるOracleがそれに続く。Office 365を核にDynamics CRMなどで攻勢をかけるMicrosoftもいる。人事系サービスを中心に評価されているWorkdayも、新たに日本に進出しビジネスを広げつつある。もちろん、国産アプリケーションの多くも、クラウドに対応しているのは当たり前だ。どのサービスが自分たちの用途に合っているのか、SaaSの選択に頭を悩ますことも多い。

安価な価格設定の中小企業向けに最適なSaaS

 さまざまなSaaSベンダーの中で、ちょっと変わった存在なのがZohoだろう。Zohoはマーケティング、営業、サポート、会計に至るビジネス活動のほとんどをカバーする、30種以上のツールをクラウドで提供している。2005年からZoho CRMの提供を開始しており、世界で2000万を超えるユーザーが利用している。

 Zohoの大きな特長が、価格が安いことだ。1年間のZoho CRMの利用料は、スタンダードで1ユーザー17,280円、プロフェッショナルが28,800円、その上のエンタープライズは50,400円だ。サービス内容が異なるので価格だけを比べても意味はないかもしれないが、SalesforceのSales Cloudの場合は1ユーザー月額でLightning Professionalが9,000円、Lightning Enterpriseが18,000円、Lightning Unlimitedが36,000円だ。Zohoは月額なら1,440円から始められるので、Salesforceの6分の1程度の費用でクラウドCRMを始められることになる。

ゾーホージャパン株式会社 
Zoho事業部 事業長 中沢 仁氏

 この価格の安さを武器に、Zohoは中小規模の企業を主たるターゲットにビジネスを展開している。実際、5から10ユーザーを中心に100ユーザー程度の顧客が多いとのこと。「この領域の顧客層を中心に、パートナーと共にビジネスを伸ばしていきたい」と言うのは、ゾーホージャパン株式会社 Zoho事業部 事業長の中沢 仁氏だ。

 Zohoは安いからと言って、簡易版のSaaSではもちろんない。「米国では1,000ユーザーを超える大規模な事例もあります。300から500ユーザー規模の事例も数10社以上あります」と中沢氏。安価な価格設定でターゲットは中小規模の企業だが、サービス自体は中堅、大規模企業でも十分に対処できるものとなっている。

次のページ
マルチチャネル対応で顧客のすべての接点情報を集約

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/8450 2016/09/14 06:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング