SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

これからのデータベースに求められる要件は、マルチモデル、クラウドニュートラル、データセキュリティだ


 マークロジックはMarkLogic World Tokyo 2017を6月1日に開催した。同社の最高経営責任者 兼 社長 ゲイリー・ブルーム氏が登壇し、現在データベースに求められる要件や同社のNoSQLデータベース「MarkLogic」の特徴などを解説した。

iPhone、AWSの登場とビッグデータブーム--10年の変化

 マークロジックのゲイリー・ブルーム氏はこの10年の変化から語り始めた。iPhoneが発表されたのは2007年1月。同年、マイクロソフトのスティーブ・バルマー氏は「iPhoneが市場で大きなシェアを取る可能性はゼロだ」と発言していたという。

米マークロジック 最高経営責任者 兼 社長 ゲイリー・ブルーム氏

 Amazon Web Services(AWS)がサービスを提供開始したのは2006年。このあたりからクラウドが大きく注目され始めたものの、2008年の時点でオラクルのラリー・エリソン氏は「訳が分からない。こんなばかなことがいつまで続くのか」と否定的だった(オラクルではグリッドコンピューティングを進めていたという背景もある)。  

 ブルーム氏は「IT業界で最も尊敬される企業幹部でさえ、クラウドのトレンドを疑い、ビジネスに影響を及ぼさないと考えていたのです」と述べ、ITやビジネスの将来を予見することの難しさを強調した(なおブルーム氏は2000年までオラクルに在籍していた)。  

 最近ではテクノロジーによる創造的破壊はあらゆる分野に波及している。ブルーム氏が例として挙げたのはアメリカのシリコンバレーにあるピザ店「Zume」。ここではピザ調理の全行程をロボットが行っている。今のところ配達は人間がしているものの、将来的には全て機械が担うことを目指しているという。ほかにも医療ではオンラインで診療が行われ、自動車業界では工場のIoT化が進むなど、テクノロジー進化の例を挙げたらきりがない。  

 続けて「データベースの世界も大きく変化しています。次世代型データベースの潮流は5~7年前から始まっています」とブルーム氏。初期に注目されていたのはデータの量、スピード、それから非構造データへの対応。言い換えれば関心はその程度だった。  

 その後に「ビッグデータ」が本格的にブームとなる。ブルーム氏は「トレンドというより大きなイベントであり、テクノロジーではありません。実はデータサイズはソリューションとはあまり関係がないのです」と話す。このあたりからデータベースではデータの複雑性、異種混交化、どこから来ているかなども関心の対象に加わる。現在ではビジネスを遂行するためにデータを統合し、リアルタイムで処理できることが要求されているとブルーム氏は解説する。  

 技術は多様に進展したものの、全てを満たすデータベースはほとんどないとブルーム氏は考えているようだ。「当初はオープンソースデータベースで全てなんとかなるという考えもありましたが、オープンソースではエンタープライズの要件を十分に満たせません。レガシーのデータベースベンダーは新しいデータ形式に対応しつつも、格納できるようにしただけ。Hadoopも技術としては素晴らしく、データ分析にはいいですがユースケースが限られています。クラウドサービスとして提供されるデータベースだと、クラウドベンダーが限定されてしまうことが多いです。NoSQLには多様な技術があるものの、エンタープライズ仕様は限られています」(ブルーム氏)

次のページ
今後データベースで必要になる3つの要件

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

加山 恵美(カヤマ エミ)

EnterpriseZine/Security Online キュレーターフリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online の取材・記事も担当しています。Webサイト:http://emiekayama.net

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/9389 2017/06/12 10:02

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング