Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

国内CSMS/PSIRT/IoTセキュリティ構築運用支援サービス市場は高成長を維持――ITR発表

  2017/06/27 13:15

 独立系ITコンサルティング・調査会社のアイ・ティ・アールは、国内のCSMS/PSIRT/IoTセキュリティ構築運用支援サービス市場規模推移および予測を発表した。

 国内CSMS(Computer Security Management System)/PSIRT(Product Security Incident Response Team)/IoTセキュリティ構築運用支援サービス市場の2016年度の売上金額は24.8億円、前年度比33.3%増と高い伸びとなった。

 国内企業におけるCSMSの国際標準の取得への動きが見られるほか、IoTの進展に伴い電力・ガス・水道などの各インフラへのセキュリティ対策の重要性が高まっている。このような背景から同サービスの需要が増加し続けており、2017年度は同27.0%増と引き続き高い成長率を維持すると予測している。

CSMS/PSIRT/IoTセキュリティ構築運用支援サービス市場規模推移および予測

 ITRのシニア・アナリストである大杉豊氏は、「日本はグローバルと比較して、インダストリー4.0に伴ってオープン化される制御システムや産業用オートメーション、IoT機器へのセキュリティ対応が遅れています。また、BCP対応や重要インフラ産業のセキュリティ対応も国策を含めて遅れています。今後は、産業用オートメーションおよび制御システムのセキュリティを管理するためにCSMSの導入や、IoTセキュリティの構築が企業責務として求められます。これらのことから同市場のサービスは国内で早急に発展するでしょう」とコメントしている。

 今回の発表は、ITRが発行した市場調査レポート「ITR Market View:サイバー・セキュリティ・コンサルティング・サービス市場2017」に詳細を掲載している。レポートには、CSMS/PSIRT/IoTセキュリティ構築運用支援サービス、セキュリティ脆弱性診断・検査サービス、緊急時駆け付け対応サービス、CSIRT構築運用支援サービスなど全11分野を対象に、国内38ベンダーへの調査に基づいた2015~2016年度売上げ実績および2021年度までの売上げ予測を掲載している。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5