SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

SQL Server管理者のための動的管理ビュー入門編

データベースの配置と大きさを確認しよう


 先日次期SQL Server 2017のリリース候補版(RC1、RC2)が公開され、いよいよ一般公開(GA)が迫ってきました!。また大きなサプライズとなったLinux版SQL Serverについても検証レポートや知見が公開されだしています。例えばDB性能ベンチマークで著名なTPCのあるシナリオにおいてLinux版が現時点でトップにランクインしています。NEC内においてもシナリオ別の性能検証や、AlwaysOn、カラムストアインデックス、データ圧縮、パーティショニングなどの機能検証のほか、運用面においては従来通り利用できる動的管理ビューに加え、OSに依存したツールや知見の整理を進めているところです。

 それでは、いよいよこの連載の冠にしている動的な情報にアクセスしていきます。今回はストレージに焦点を当て、データベースのファイル配置と大きさを確認します。

「大きさ」はファイルサイズ、データサイズ、データ件数の3点で確認します
ファイル配置 データベースを構成するファイル(データファイルとトランザクションログファイル)が配置されたボリュームとファイルパスを確認します。
大きさ ファイルサイズ データベースを構成するファイル(データファイルとトランザクションログファイル)のファイルサイズを確認します。このファイルサイズとは、ファイルのプロパティから確認できる”サイズ”に等しくなります。
実データサイズ データベースを構成するファイル(データファイルとトランザクションログファイル)は将来予想される大きさで作成します(詳細は次回解説予定)。このようにあらかじめ大きく確保されたファイルの中でデータベースが実際に使用している領域のサイズを実データサイズとして確認します。

レコード件数

データベースに作成されたテーブルのレコード件数を確認します。
ファイル配置(ボリューム、ファイルパス)やファイルサイズはOSからも確認できます
ファイル配置(ボリューム、ファイルパス)やファイルサイズはOSからも確認できます
データファイルのイメージ図 あらかじめ確保されたファイルの中でデータベースが実際に使用している領域のサイズを実データサイズとして確認します
データファイルのイメージ図 あらかじめ確保されたファイルの中でデータベースが実際に使用している領域のサイズを実データサイズとして確認します

 なお、前回に引き続き本記事でご紹介する実行例はSQL Server 2016 SP1 Enterprise Edition on Windows Server 2016 Datacenter環境での実行結果になります。お使いの環境によって相違がでる可能性に留意ください。

この記事で紹介する実行例の環境(SELECT @@VERSIONの結果)
この記事で紹介する実行例の環境(SELECT @@VERSIONの結果)

 また、今回からはご紹介するクエリをGitHUBに公開してみたのであわせてご活用ください。

次のページ
データベースのファイル配置を確認する

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
SQL Server管理者のための動的管理ビュー入門編連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

太田智行(オオタトモユキ)

NECソリューションイノベータ株式会社 2002年入社以来、SQL Server、Oracle、MySQL、PostgreSQLを活用したSIを多数経験。 2013年Microsoft社と「In-Memory OLTP機能」の徹底検証を実施。 以来、SQL Serverの高速・高可用システ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/9626 2017/08/21 14:17

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング