新システム導入時のデータ移行や他システム連携時に注意すべきポイント (1/4):EnterpriseZine(エンタープライズジン)
Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

新システム導入時のデータ移行や他システム連携時に注意すべきポイント

2017/09/06 06:00

 これまで「現行業務をシステム化する際に注意すべきポイント」として、初めて現行業務をシステム化することになった企業のシステム導入担当者を想定し、注意すべき基本事項を紹介してきました。最終回の今回は「データ移行や他システムとの連携」にスコープを当て、システム化の際に注意すべき基本的なポイントについてご紹介していきます。

データ移行や他システムとの連携に対する基本的なポイント

 企業には様々なシステムが存在するため、新システム導入時のデータ移行や統合的な業務管理システムとの連携は必須要件となります。

 最終回である今回は「データ移行や他システムとの連携に対する基本的なポイント」として、以下3つのフェーズに分けご紹介します。

  1. 各種マスタデータの移行・連携時のポイント
  2. プロジェクトに紐づく関連システムとの連携時のポイント
  3. 会計システムとの連携時のポイント

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 山口 文彦(ヤマグチ フミヒコ)

    ビーブレイクシステムズ 営業部 リーダー 大学卒業後、キャラクターグッズの企画・製造・販売を行っている企業にて営業として販売活動に従事。その際携わった基幹システム刷新プロジェクトの経験を活かし2012年にビーブレイクシステムズに入社。自社開発ERPパッケージ「MA-EYES」の営業担当となり、関東、...

バックナンバー

連載:IT担当者のための<新>業務の基礎知識
All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5