EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

(第22回) 通信会社としての“フォーマッター化”が生み出す「サービスパッケージ」

日本の通信事業者は、これまで歩んできた絶え間ない進化の歴史に、次世代へのさらなる進化を刻み込めるのか。今回は通信事業者の次世代進化のシナリオを類型化すると共に、最も勝ち残りの可能性が高い進化の方向性である「フォーマッター化」に関して、具体的に解説していきたいと思います。今までの連載はこちら

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

著者プロフィール

  • ベイカレント・コンサルティング 鶴田 陽平(ツルタ ヨウヘイ)

    株式会社会社ベイカレント・コンサルティング シニアマネージャー。 本田技研工業株式会社、デロイトトーマツコンサルティング テレコム/ハイテク ユニットを経て現在に至る。 情報通信産業、ITサービス業を中心に、経営/事業 戦略立案、営業/マーケティング戦略立案、新規サービス/ソリューション開発支 援、アライアンス戦略立案、及びそれらに連なる制度/業務設計、BPRなどの実行 支援プロジェクトを数多く手掛けている。

バックナンバー

連載:日本企業の進化論-激動の時代に生き残るための選択肢

もっと読む

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5