SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine編集者ブログ

オフィス訪問記③:“SIerのイメージ”が変わるTDCソフトの新オフィス

 不定期でお届けしている「オフィス訪問記」、今回は2023年10月に九段会館テラスへと移転したTDCソフトにお邪魔しました。「Smart Work構想」に基づいたオフィス設計は、新時代のSI企業となるための意欲に満ち溢れています。

 1962年に創業しているTDCソフトは、老舗SIerとしての安定感をみせている企業。その一方で、従業員エンゲージメントを意識したオフィス空間が設けられていたり、柔軟な働き方ができたりするイメージを抱く方は少ないでしょう。少子高齢化社会を迎え、ますます専門人材の採用が難しくなっていく中、SIer特有のワークスタイルに係わる課題も解消しなくてはいけません。

 そこで同社は中期経営計画に基づき、「Smart Work構想」として組織風土の変革、働き方改革に乗り出しています。それを体現するための一の矢が新オフィスへの本社移転。「Re:Place」をコンセプトとして2023年10月に九段会館テラスへと移っています。同社によると、

歴史、伝統、文化を引き継ぎつつ新たな価値を創造し、社員一人一人が自身にとって最も良い場所と感じる場所にアップデートし続けていくという意味が込められています。

とコンセプトについて紹介されており、まさに登録有形文化財建造物の旧九段会館を擁している新オフィスの在り方と呼応するが如し。実際には、次世代を担うことになる若手を中心としたワーキンググループが「Re:Place」を策定し、偶然にも九段会館テラスが移転候補先として挙がったとのこと。

 今回の新オフィスは、4階と5階の2フロアで構成されており、4階は経営管理部門などのバックオフィスを中心とした執務室やセミナールーム、5階には従業員にとってメインとなるコラボレーションエリアが設けられています。

写真左手に日本武道館などの眺望が望める設計に

 4階のメインロビーは来訪者を招き入れるための設えとしてホテルライクな空間が広がっており、北の丸公園のお堀と日本武道館を望めます。執務室エリアやセミナールームからも同様の景色を眺めることができ、全体的に落ち着きのある雰囲気で統一されていました。

(写真上)来訪者との会議室 (写真右下)TDCソフトの沿革がわかる資料などが陳列されている

 そして、一番のこだわりが垣間見えるのは5階にあるプレゼンテーションエリア。ここを中心としてフリーアドレス席が設けられています。

訪問時は研修のため窓が閉められているが、本来はすべて開放されている。また、コンシェルジュ(写真右)も在籍

 SIerならではの課題の1つが常駐先社員における帰属意識の低さ。それを解消するためにフロアの中心にあえて研修などを行えるプレゼンテーションエリアを設けたといいます。これまで研修の際に帰社しても別々のフロアに散らばってしまい、本社で勤務している社員も気づけずにコミュニケーションが生まれなかったそう。だからこそ全面ガラス戸のシースルーの意匠が採用され、誰がいるのか一目瞭然になっています。実際に訪問した際にも研修が行われていました。

ガラス戸だが防音性能は高く、周りで業務にあたっている社員も集中できる環境に

 また、同フロアには「TDC Hub」というイベントスペースも設けられており、一度に30人程を収容できる造りとなっています。福利厚生の一環として、おつまみや飲み物を300円で購入することができるため、社内でのイベントなどに利用されるそうです。

春にはお花見、秋は紅葉狩りと四季を楽しむことのできるイベントスペース

 他にも収録・配信スタジオが設けられていたり、ファミレス席や個室ブースなど、用途にあわせたゾーニングがなされていたりと、誰もが使いやすいような工夫が各所に見受けられました。

ファミレス席には共有モニタ、フォーカスゾーンと呼ばれる“集中する”ための空間には囲いと専用モニタを配備

 なお、オフィスを見渡してみるとスーツ姿の社員は少なく、今回の移転にあわせて私服勤務も採用されているとのことです。

モバイルディスプレイやバッテリーが出払ってしまうほどにオフィスは賑わっていた
写真奥のプレゼンテーションエリアの向こう側には手前と同様の空間が広がる

 今回の新オフィスへの移転にともない、これまで本社を置いていた新宿文化クイントビルは「TechnoGrowth Center Shinjuku」として新たな開発拠点に生まれ変わっていくそう。“変化し続ける”ことをコンセプトに掲げているTDCソフトによる、“次世代型”SI企業としての取り組みは始まったばかりです。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine編集者ブログ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

岡本 拓也(編集部)(オカモト タクヤ)

1993年福岡県生まれ。京都外国語大学イタリア語学科卒業。ニュースサイトの編集、システム開発、ライターなどを経験し、2020年株式会社翔泳社に入社。ITリーダー向け専門メディア『EnterpriseZine』の編集・企画・運営に携わる。2023年4月、EnterpriseZine編集長就任。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/blog/detail/19006 2023/12/30 08:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング