Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

イノベーションを可能にする強いシステム基盤の作り方とは?~日立 uVALUE コンベンション 2009 レポート

  2009/07/22 19:18

本稿では、「日立 uVALUE コンベンション 2009」の中から、日立製作所 尾花 学氏による講演「ビジネス変化に迅速に対応する高品質な業務実行基盤の実現」の概要をお伝えする。

 2009年7月22日、東京国際フォーラムで「日立 uVALUE コンベンション 2009」が開催された。本稿では、日立製作所 尾花 学氏による講演「ビジネス変化に迅速に対応する高品質な業務実行基盤の実現」の概要をお伝えする。

進化と安定稼動のジレンマ

 どんなに完璧を期して作られたシステムであっても、何の変更も加えることなく使い続けられるケースはほとんど無いと言ってよいだろう。新たなビジネスモデルへの対応や業務の効率化など、変更の理由はさまざまだが、これらのニーズに合わせてシステムは常に進化し続けなければならないという点では共通している。

株式会社日立製作所
ソフトウェア事業部 AP基盤マーケティング部
尾花学氏
株式会社日立製作所 ソフトウェア事業部AP基盤マーケティング部尾花学氏

 一方で、システムの変更は大変なリスクが伴う作業であることも事実だ。新しい機能を追加するためには、現時点で安定して稼動しているシステムに手を加えなければならない。

 「ひとたび、バグの混入やデグレードが発生すれば、それまでよりもサービスレベルが低下することにもなりかねない。そこで、システム担当者は、変更を必要最小限にとどめるよう対応してきた」と、尾花氏は従来の一般的なシステム変更手法について解説する。

 ただし、この手法には問題も存在する。まず、既存システムを維持しなければならないため、システムを劇的に変化させることができない。また、システムの進化に伴って、内部のコンポーネント間の連携が複雑化するのもネックだ。影響範囲の特定が難しくなれば、システムの変更に要する時間は徐々に長くなる。いわゆる、システムの硬直化である。これらは、多くのシステム担当者が現時点で抱えている問題とも一致する。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

バックナンバー

連載:Events & Seminars

もっと読む

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5