Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

オープンクラウドの基礎知識[1] オープンクラウドとは何か?

  2012/12/14 07:00

クラウドコンピューティングの普及に伴い「オープンクラウド」というキーワードが注目されている。本連載では、OpenStack、CloudStack、Cloud Foundryなどに代表される、オープンソースベースのクラウド関連テクノロジーの最新動向をビジネスと技術の両面から解説していく。今回は、オープンクラウドの台頭の背景やオープンクラウドを支える技術やプロジェクトなどについて解説する。

オープンクラウドとは?

 クラウドコンピューティング(以下、クラウド)の普及に伴い「オープンクラウド」というキーワードが注目されている。  まずは、オープンクラウドが注目されている歴史的背景から解説する。2009年3月30日に「オープンクラウド・マニフェスト(The Open Cloud Manifesto)」がウェブで公開された。発表後、IBM、Sun Microsystems、VMware、Cisco、EMC、SAP、AMD、Elastra、Akamai、Novell、Rackspace、RightScale、GoGridなど、数十企業が参加を支持している。

 オープンクラウド・マニフェストには、顧客が持つ4つの目標と、クラウドプロバイダーが順守すべき6つの原則が示されている。

顧客が持つ4つの目標

  • 選択性:組織は、さまざまベンダーの中から自由に選択できることとする

  • 柔軟性:組織は、異なるクラウドを使用している場合でも協力が可能であることとする

  • スピードとアジリティー:組織は、官民のクラウドを統合するソリューションを容易に作成できることとする

  • スキル:組織は、その能力を特定のクラウドに依存しないユーザーにアクセスできることとする

クラウドプロバイダーが順守すべき6つの基本原則

  • サービスにあたってはオープンスタンダードに準拠する

  • 市場での地位を利用し独自プラットフォームに縛り付けない

  • 標準規格を使用する

  • 新たな規格の作成や変更には注意を払う

  • 顧客ニーズを重視する

  • クラウドコンピューティング団体やコミュニティーは協調を図る

 オープンクラウド・マニフェストには、基本原則は、クラウドはほかのIT技術と同様にオープンであるべきだという信念に基づくもので、クラウドコンピューティング・コミュニティーのメンバーがオープンなクラウドという考え方の下に結集し、ビジネスを展開していくことの必要性が表現されている。

オープンクラウドの実現に向けたアプローチ

 昨今、オープンソースベースのクラウド技術を採用したクラウドサービスやソリューションなどが多く登場している。以下、オープンクラウド実現のための5つの要素をまとめてみた。

  • オープンAPIを実装していること

  • オープンソースベースのクラウド基盤やプラットフォーム環境が開発コミュニティーにより共同で開発されていること

  • オープンソースプロジェクトの豊富な運用経験を持つ組織や団体、人材に支援されていること

  • ユーザーは、ユーザー自身のアプリケーションやデータを複数のオープンなクラウド環境で利用できること

  • 複数の事業者がサービスをアドオンできるオープンで全体の最適化が図られるアーキテクチャーと運用環境であること

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 林 雅之(ハヤシ マサユキ)

    国際大学GLOCOM客員研究員(NTTコミュケーションズ株式会社勤務) 1995年NTT(日本電信電話株式会社)入社。地方で中小企業の営業ののち、マレーシアにて営業および国際イベントの企画・運営を担当。NTT再編後のNTTコミュニケーションズでは、事業計画、外資系企業や公共機関の営業、市場開発など...

バックナンバー

連載:オープンクラウドの基礎知識
All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5