SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ベリタス、「Backup Exec」にサブスクリプションモデルを追加、非構造化データ可視化ソリューションとの連携も

 「Backup Exec」は、サブスクリプションベースのライセンスモデルを追加されたことで、ビジネス環境の変化に伴うデータ保護要件の変化に応じて柔軟に機能を追加できるようにし、これにより購入手続きが大幅に簡素化される。

 また、「Veritas Information Map」と連携可能となり、保護データをダイナミックかつリアルタイムに分かりやすく可視化し、データ資産の状況を把握することが可能となり、高度なインテリジェンスによって企業のコンプライアンスが確保され、ビジネス成果を高める洞察を得ることができるという。

 ■サブスクリプションベースの価格設定で得られる高い柔軟性

 ベリタスの新しいサブスクリプション型ライセンスオプションには、1年間、2年間、3年間の設定期間があり、「Backup Exec」の利用企業は、データ保護ソリューションを導入する際に優れた選択肢と高い柔軟性を得られるという。このサブスクリプションモデルでは、企業の現時点でのバックアップニーズに合致したデータ保護オプションを選択することによって、バックアップのコストを最適化することが可能だ。

 また、必要に応じて他のサブスクリプション型ライセンスに拡張するなど、ビジネスニーズの変化に合わせて簡単に調整できる。さらに、サブスクリプションの利用企業は、ライセンスがアクティブである間は、すぐに製品をアップデートして新機能を活用することができる。データ保護の要件に応じて、すでに提供を開始しているブロンズ、シルバー、ゴールドの3つの「Backup Exec」のサブスクリプション型ライセンスから最適なものを選択できる。

  • ブロンズ:オンプレミスおよびクラウドの物理および仮想ファイルサーバーの保護を提供
  • シルバー:オンプレミスおよびクラウドの物理および仮想ファイルサーバー、データベース、アプリケーションの保護を提供
  • ゴールド:オンプレミスおよびクラウドの物理および仮想ファイルサーバー、データベース、アプリケーションの保護と、複数サイト環境での Backup Exec サーバーの一元管理を提供

 ■グローバルなデータの可視化を提供

 「Information Map」最新版(次の数四半期内に提供開始予定) との統合によって、「Backup Exec」の利用企業は非構造化データ資産をインタラクティブかつリアルタイムに可視化できる。さらに、「Information Map」のライセンス資格を得た企業は、「Backup Exec」で保護するデータの可視化に加えて、「Information Map」のコネクタによってオンプレミスとクラウドの両方に存在するデータストレージリポジトリの23のデータソースから得られるデータを可視化できる。

 新たなレベルのインテリジェンスによって、より多くの情報に基づきストレージに関する意思決定が可能になり、リスクがあるエリアを特定し、どのデータを保持、移行、削除の対象とするか、最適な方法を選択することができるようになるという。さらに、この統合によって間近に迫ったGDPR(EUの一般データ保護規則)を含む世界中の厳重なデータプライバシー規制への対応と遵守を確保できる。

 ■クラウド内のデータ保護を Backup Exec によって強化

 マルチクラウド環境でのデータ管理をさらに最適化する「Backup Exec」のさまざまな機能強化によって、次のようなイノベーションが実現される。

  • クラウドへの重複排除によってネットワークの使用量およびストレージ要件を軽減し、より高速で効率的なバックアップを実現
  • S3互換のクラウドストレージを、「Backup Exec」の利用企業は低コストのバックアップ先として追加ライセンスなしに使用可能
  • CloudConnect Optimizerによってバックアップ設定の種類が自動的に検出、補正されることで、「Backup Exec」利用企業の使用可能なネットワーク帯域幅を最適化し、有効な活用をサポート

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/10103 2017/11/20 15:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング