Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ペネトレーションテストなどのスキルを対象に、業界団体CompTIAが新試験「PenTest+」を設置

  2018/01/30 06:00

 グローバルIT業界団体であるCompTIAは2018年1月24日、ITセキュリティ関連の資格「CompTIA PenTest+(ペンテストプラス)」を新たに設置すると発表した。6月に英語版、年内にも日本語版を配信する見通し。PenTest+の資格対象となる職務やスキルは、ペネトレーションテスターや脆弱性評価アナリスト、脆弱性アネッサーなど。

 同団体は、昨今トレンドとなっているランサムウェア、クリプトマルウェアなどといった脅威の攻撃手法が悪化すると同時に、セキュリティコストは増大していると考える。そして、サイバーセキュリティに対応できる人材は不足しており新たな人材のキャリア育成のため、新資格を提供するという。

 新たに提供するPenTest+は、システムに対して外部攻撃を行いセキュリティ上の弱点を見つける第2世代ペネトレーションテスト(侵入テスト)の実務手順や、脆弱性管理スキルといったシステムの脆弱性を診断し対策を講じるために必要な知識・スキルに関する認定資格。実践的なスキルが重要視される。

 PenTest+は、同組織の認定資格の中でも中級者向け。同社のセキュリティ関連資格には、初級者向け「CompTIA Security+」、中級者向け「同Cybersecurity Analyst+」、上級者向け「同Advanced Security Practitioner」がある。

CompTIA チーフ・テクノロジー・エバンジェリスト ジェームス・スタンガー氏

 同団体のチーフ・テクノロジー・エバンジェリストのジェームス・スタンガー氏はPenTest+について「これまでの認定資格とは違う全く新しいもの」と説明。同じく同団体の認定資格であるCySAはサイバー攻撃への対処などディフェンス的役割を担うのに対して、PenTest+はオフェンスとして模擬の侵入テストを行い、より一層のセキュリティ強化を図るためのものという。

 6月のリリースに先駆け、2月にベータ版(英語)を配信する見通し。

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5