SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

IPA、中小企業の従業員を主な利用対象とした「5分でできる!情報セキュリティポイント学習」新版を公開

 2017年12月27日に経済産業省が設置した「産業サイバーセキュリティ研究会」の資料では、サプライチェーン毎、あるいは中小企業に対してのサイバーセキュリティ対策の強化などの必要性が指摘されている。たとえば、ある組織で対策の不備等によりインシデントが発生した場合、その影響は個社内で済むとは限らず、取引先への被害、影響を想定し、関係先全体で対策に取り組む必要があるという。

 一方、IPAが2017年3月に発表した調査では、かねてより指摘されていた、中小企業における情報セキュリティ対策の実施状況の低さが明らかになった。また、同調査ではIT投資に情報セキュリティ対策が含まれない理由で最多だったのは、「どこからどう始めたらよいかわからない」で、23.7%だった。

 このような状況下で、IPAでは2017年2月7日に中小企業の自発的な取り組みを促す「SECURITY ACTION」を創設し、中小企業における情報セキュリティ対策の普及を加速させているという。

 「5分でできる!情報セキュリティポイント学習」は、2009年より公開しているツールで、資料や情報の「保管について」「廃棄について」などの学習テーマと確認テストが用意されている。学習テーマは25あり、テーマごとの学習時間は5分程度。32問の確認テストに回答することで、学習結果としての理解の確認ができる。また、確認テストに全て正解した場合「修了証」が発行され、従業員の学習完了の確認などに利用できる。

 今回の新版は、2016年11月15日に刷新された「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」に対応したもの。また、本ガイドラインの刷新とともに改訂された「5分でできる!情報セキュリティ自社診断」の25の診断項目にも準拠した。また、中小企業でも利用が増加しているクラウドサービス、スマートフォン、Webサービス(インターネットバンキング、SNSなど)など6テーマを加え、学習テーマの新旧差し替えを行った。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/10421 2018/02/22 14:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング