SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

レノボ、高密度水冷サーバー「ThinkSystem SD650」発表など、HPC/AI向けプラットフォームソリューションを拡充

 企業向けビジネスにおいてもHPC/AIの利用が広がりつつあるため、レノボでは従来のサーバー・ストレージ市場での製品提供にとどまらず、HPC/AIの普及を促進するポートフォリオを拡充しているという。

 ・最大90%までの水冷効率を実現した「Lenovo ThinkSystem SD650」

 レノボは2012年より水冷サーバーの研究開発および製品化を行っており、今回発表の「ThinkSystem SD650」に使用される直冷方式のアーキテクチャーでは、最大50度までの温水冷却、最大90%の冷却効率を実現、前世代までの製品と比較し、過去最高の冷却効率を提供している。

 性能面では、「SD650」に搭載されたインテルR XeonRスケーラブル・ファミリー・プロセッサーは、水冷による高い冷却効率により、多くの場合においてターボモードで動作することが可能となる。これにより空冷のサーバーと比べ、最大10%のパフォーマンスアップを実現。また、NeXtScale n1200エンクロージャーには6Uサイズに、最大12台のコンピュートノードを収容可能。

 コスト面では、優れた冷却性能を提供できることで、データセンター全体の冷却にかかわるエネルギーコストを最大40%削減することができる。「SD650」では50度までの水で十分冷却できるように設計されているため、今までは寒冷地でしかできなかった自然冷却を地球上のほとんどの場所でできるようになっている。

 また、データセンター設備の観点でも、冷却効率を高め、サーバーを高密度で実装することが可能となることにより、床面積を削減できる。ファンレスのサーバー構成により静かなデータセンターを実現するという。

 この製品は、学術研究、ライフサイエンス、エンジニアリングなどのHPCの分野や、大規模クラウドの展開に適している。

 なお、製品の導入に必要となる、CDU(Coolant Distribution Unit)などの冷却設備に関しては、国内市場では東亜電気工業との協業により提供する。

 ・深層学習に適したNVIDIA Tesla V100のサポート開始

 高密度サーバー「Lenovo ThinkSystem SD530」は、AIに最適なNVIDIAR TeslaR V100を搭載することにより、前世代のP100に比べ深層学習にかかる時間を短縮することが可能となり、AIワークロードの推論においてもCPUのみを使用したサーバーよりも約30倍高い性能を実現。

 2Uラック型サーバーの「Lenovo ThinkSystem SR650」に関してもNVIDIA Tesla V100 の提供を開始。こちらは1サーバーで2枚のTesla V100が搭載可能。

 また、AIやHPCにおいてGPUコンピューティングの活用をこれから始める場合のGPUコンピューティングスターターパックとして「ThinkSystem SR650 GPU Readyモデル」を新たに発表した。このモデルは、GPUを活用する際に使われる高性能CPUと大容量電源をあらかじめ搭載し、用途に応じて6種類のGPUから選んで搭載可能。

 さらにレノボでは、今回のSD530やSR650などのAI向けプラットフォームソリューションを拡充するにあたり、国内においてGPU製品のエキスパートでAIシステム構築のコンサルテーションを行うGDEPソリューションズとの協業を開始する。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/10465 2018/03/06 16:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング