SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ブロックチェーン再興に向けBCCCが今年の活動発表、「Zen」実験再開、「ゲーム部会」も新設

 昨年(2018年)は、コインチェックや、BCCCの理事の企業でもあったテックビューロによる仮想通貨流出事件などが相次ぎ、仮想通貨およびブロックチェーンが逆風にさらされた1年。仮想通貨取引所が新規活動ができない状況となり、BCCCが展開してきた仮想通貨「Zen」の社会実験も停滞が余儀なくされた。

 そうした中で、BCCCは、ブロックチェーンは投機的な仮想通貨市場に限定されるものではなくビジネスの可能性はますます広がるとして活動を継続し、昨年末には日本仮想通貨ビジネス協会(JCBA)との連携も発表した。今回、1月11日のコインチェックの金融庁による正式認可が下り、ブロックチェーンをめぐる動向にもようやく活発化の兆しが見えてきたという。

 昨年8月以降のBCCCへの参加企業は、伊藤忠テクノソリューションズ、鴻池運輸、日本電気通信システム、パーソルキャリア、 ビットポイントジャパン、星野リゾート、ミロク情報サービス、LIFULLなど36社にのぼり、加盟企業は合計270社となり、2019年12月末には350社をめざすという。

 また、新たに「ゲーム部会」も設置され、ブロックチェーンを基盤としたゲームを展開している会員企業を中心としてメンバーを募り、2019年3月よりゲーム領域におけるブロックチェーンの利活用を推進する活動を開始する計画だという。ゲーム部会の参加企業として、株式会社グッドラックスリー、株式会社モバイルファクトリー、リアルワールドゲームス株式会社などが加わった。

 1月15日におこなわれた「BCCC Collaborative Day」の直前に行われた記者会見で、BCCC代表理事 平野洋一郎氏(アステリア社長)は、「昨年はさまざまな問題はあったが、今年はProactive(積極的)で晴れ渡る年にしたい」と語り、Zenの社会実験のフェーズ2の活動をおこなうことを明らかにした。この「Zen」の活動には、新たに加盟した仮想通貨交換業者「ビットポイントジャパン」が参加する予定だという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/11603 2019/01/16 09:32

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング