EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

2018年のERPパッケージライセンス市場は前年比4.4%増の1,123億7千万円と伸長――矢野経済研究所調査

  2019/09/24 15:30

 矢野経済研究所は、国内のERPパッケージライセンス市場を調査し、参入企業・ユーザ企業の動向、クラウド化の状況、将来展望を明らかにした。矢野経済研究所は、ERP(Enterprise Resource Planning)パッケージとは、財務会計、人事給与、販売管理、生産管理などの基幹業務データを統合する情報システムを構築するための基幹業務管理パッケージソフトウェアとしている。また、調査におけるERPパッケージライセンス市場では、基幹業務の一部機能のみを持ち、ERPパッケージのモジュール(構成要素)となるパッケージソフトウェアも対象とした。

ERPパッケージライセンス市場規模推移・予測
ERPパッケージのクラウド比率の推移・予測

1. 基幹システムを更新する動きが進み、市場の成長を支える

 2018年のERPパッケージライセンス市場(エンドユーザ渡し価格ベース)は1,123億7,000万円で、前年比4.4%増となった。2017年は前年比0.8%増とほぼ横ばいだったが、2018年は再び堅調な伸びを示した。ユーザ企業のERPへの投資意欲は高い水準を維持しており、経営環境の変化にあわせて基幹システムを更新する動きが進み、市場の成長を支えている。

 近年は、特にデジタルトランスフォーメーション(DX)としてITを活用し、事業変革を目指す動きが起きている。2018年9月に経済産業省が発表した「DXレポート」においては、DXを実現する上でレガシーシステムを見直すべきであると指摘されている。

 ERPにおいても、老朽化・複雑化したシステムを再構築することにより、経営データ活用の迅速化、運用管理のシンプル化、業務生産性の向上などの効果を得ることが期待できる。 

2. クラウド化が進展し、2020年には利用率が45.8%に達すると予測

 ERPパッケージのクラウド化が進んでいる。IaaS・PaaSの利用及びSaaSの利用を合計したクラウドの、2018年時点での利用率は28.2%であると推計する。アプリケーションをクラウドで利用するSaaS型のERPはまだ製品(サービス)の種類が少なく、ユーザ企業の利用率も低いが、システムの基盤にIaaSやPaaSといったクラウドを利用する企業は大きく増えている。

 今後も、IaaS・PaaSの利用が牽引する形でクラウドの利用は拡大を続け、2020年にはERPのクラウド利用率は45.8%に達すると予測する。

3. 2019年は1.165億2,000万円で、前年比3.7%増になると予測

 2019年のERPパッケージライセンス市場(エンドユーザ渡し価格ベース)は1.165億2,000万円で、前年比3.7%増になると予測する。2019年に入っても、ユーザ企業の投資意欲が減少する傾向はみられない。事業変革を目指すDXという大きな流れを背景にしているため、市場は底堅いと見込む。

 ただし、景気の先行きには不透明感が強まっている。世界的な株安や円高が起きており、政府発表の各種指標にも陰りが見えることに加え、国内では2019年10月に消費税増税が予定され、国内消費の減退も懸念される。景気悪化は、ERP市場にもマイナスの影響を与えるため、経済動向には注意する必要がある。

 なお、この内容について詳しくは、矢野経済研究所が刊行した「2019 ERP市場の実態と展望」に掲載されている。

 ■調査概要

  • 調査期間:2019年5月~8月
  • 調査対象:ERPパッケージベンダー
  • 調査方法:専門研究員による直接面談

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5