EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日立、国内クライアント仮想化ソリューション(オンプレミス)市場で2019年売上額シェア1位を獲得

  2020/07/08 11:00

 日立製作所は、7月7日、2019年国内クライアント仮想化ソリューション(オンプレミス)市場におけるベンダー別売上額で1位を獲得し、リーディングベンダーに位置づけられたと発表した。今回の1位獲得は、IDC Japanが発行した調査レポート「国内クライアント仮想化市場シェア、2019年:ゼロトラストモデルへの融合」におけるものとなる。

 同レポートにおいて、日立製作所は「オンプレミスからDaaSまで、幅広い製品/サービスを取り揃えている点が強みである。その背景には柔軟な組織体制と豊富な人的資源があるとみている。日立グループは、グループ内で13万ユーザーがクライアント仮想化を利用する国内最大規模ユーザーでもあり、その運用ノウハウなどを拡販へ結び付けることが狙いである。自社で働き方改革にも取り組んでおり、そのノウハウも展開し、顧客へ提案する施策をとっている」と評価されている。

 今回、同レポートで1位を獲得したクライアント仮想化ソリューションは、オンプレミスで売り切り型の「かんたんVDIモデル」と、月額課金サービスの「かんたんPrivate DaaS」、パブリッククラウド型DaaSの3種類から選択できる。また、オンプレミスとパブリッククラウドを組み合わせた「ハイブリッド型VDIソリューション」も提供する。

 そのほか、新型コロナウイルス感染症にともなう中小企業のテレワーク環境の容易な立ち上げを支援する「かんたんPrivate DaaS支援パック」を、4月より提供している。

関連リンク

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5