SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NEC、三井住友銀行の次世代勘定系システムの構築ベンダに 2025年度に移行完了の予定

 11月11日、NECは、三井住友銀行の次世代勘定系システムの構築ベンダに選定されたことを発表した。

 NECのメインフレーム「ACOSシリーズ」の次世代モデルにより勘定系システムの処理性能を高め、安定性・効率性・堅牢性を追求すると共に、外部との連携や迅速な新サービス開発などを可能にするオープン系システムを構築するという。次世代システムの構築は2021年度より順次実施し、2025年度に移行を完了する予定だとしている。

主な構築領域

勘定系システム本体

 今後予想される処理量の増加・多様化にも対応可能なシステム基盤をNECのメインフレーム「ACOSシリーズ」の次世代モデルで実現する。

勘定系API基盤

 勘定系と連携する各システムのインターフェースをREST APIとする新たなAPI基盤を整備することにより、内部システムとの連携のみならず三井住友銀行が異業種を含めた多様なパートナーとの協業や新たなプラットフォーマーとしてのビジネス展開を進めていくための基盤を提供する。

先進技術を活用したオープン系プラットフォーム

 勘定系データを利活用可能とするオープン系プラットフォームを勘定系の一部として構築し、階層型形式の勘定系元帳を一般的な形式であるリレーショナルデータベース形式に変換・複製する。また、同プラットフォームではコンテナ技術などクラウド・ネイティブな技術要素を取り入れ、この複製データを活用し新しい商品やサービスを開発可能とする共通機能を提供する。

統合開発基盤

 メインフレーム「ACOSシリーズ」とオープン系システムの開発プロセスの共通化など、開発環境の高度化に取り組むため開発プロセスを共通化し、メインフレームとオープン、どちらの開発も可能な人材の持続的な育成と確保を実現する統合開発基盤を提供する。また、DevOpsで開発可能なオープンソースベースでの基盤を提供することで開発効率と開発スピードの向上を実現する。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13597 2020/11/11 15:33

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング