EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Salesforceと明治安田生命、LINE WORKS活用のためシステムを共同構築

  2020/12/16 19:30

 明治安田生命保険(以下、明治安田生命)と、セールスフォース・ドットコムは、明治安田生命の全国35,000人のMYライフプランアドバイザー(営業職員)などが使用する社用スマートフォンに搭載しているLINE WORKSの顧客データと、明治安田生命のSalesforce上で管理しているクラウド電話帳(PHONE APPLI)を連携し、一元管理するシステムを共同で構築した。

 これまで、LINE WORKSの顧客アカウント情報は既存の電話帳等の顧客属性情報と結びつけることができなかったが、本システムにより、一元管理した電話帳画面に電話番号、メールのほかLINEが加えることができるようになったという。

 また、顧客との履歴管理もできるようになることで、質の高いコンサルティング活動やアフターフォロー等、高度なコミュニケーションの実現が期待できるとしている。

SalesforceとLINE WORKSとのデータ連携を目指す実証試験について

 明治安田生命では、LINEをコミュニケーションツールとして活用するにあたり、顧客データの一元管理を重要と考え、2019年5月より、セールスフォース・ドットコム、PHONE APPLI、ワークスモバイルジャパン、ジェネストリームの4社と共同で、SalesforceとLINE WORKSとのデータ連携を目指す実証試験を行ってきた。

 実証試験の結果、LINE WORKSの顧客アカウント情報を明治安田生命の顧客管理システムと連携することが可能となったという。なお、今回の連携ソリューションは、ジェネストリームが提供するソリューション(Rekuru for Salesforce)を採用している。

【関連記事】
SnowflakeやHPE、SalesforceがDataRobotへ戦略的投資を実施
Salesforce、Slack買収の最終契約に合意
【Salesforce Ventures・DNX Ventures共同調査】なぜB2B SaaSはコロナ禍でも強いのか?
NTTデータ、キリングループのプラットフォームを構築 Salesforceのherokuを採用
LINEが打ったニューノーマルへの先手、ゼロトラストVPN運用と新サービスのリリース

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5