EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ISID、SAP導入ビジネス拡大に向けてインフォシスと業務提携へ

  2020/12/25 17:30

 電通国際情報サービス(以下、ISID)は、SAP導入ビジネスの強化・拡大に向け、インフォシスリミテッド(以下、インフォシス)と基本合意書を締結したことを発表した。

業務提携の主な内容

  • 共同マーケティングおよびセールス:両社それぞれが強みを持つ業種、領域に対して、セミナーやイベントなどのマーケティング活動を共同で推進する
  • 独自プロダクトの相互販売:ISIDの提供するSAPデータ連携フレームワーク「BusinessSPECTRE」、SAPアップグレード支援サービス「PANAYA」と、インフォシスの提供するSAPアップグレード時にカスタムコードを自動修正する「HANA CMO」を相互販売する。また将来は、インフォシスが海外展開するプロダクトの日本語対応を共同で行う予定だとしている
  • 価格競争力のある導入サービスの提供:ISIDのSAPコンサルタントとインフォシスのインドオフショアを組み合わせることにより、価格競争力のあるサービスを提供する。また、両社のSAP導入プロセスを共通化し、ISIDとインフォシスいずれの企業からでも、同一内容かつ同一レベルのサービス提案を実施するという
  • PLM、CRM/SFAソリューションを連携しポストモダンERPに対応:両社はともに、シーメンスのPLMソリューション「Teamcenter」、セールスフォース・ドットコムのCRM/SFAソリューション「Salesforce」の導入実績およびノウハウを有している。これらの業務システムとSAP S/4HANAを連携させ、顧客の要件に最も適したシステム構成を提供する

 今後、両社の知見を結集したソリューションの提供を通じ、日本企業のさらなるDX推進に向けた次世代ERP導入を加速させていくとしている。

【関連記事】
NTT、SAPとの戦略的提携を拡大 全方位的なパートナーシップ構築へ
SAPジャパン、15年ぶり日本開催の「SAP TechEd Japan 2020」をアーカイブ配信
データマートレスだからこそ解決できるデータ活用の課題 SAPが描くデータ活用基盤の新しいデザイン
「SAP S/4 HANA Cloud」最新版の提供開始 6つの新アプリも
SAP「2027年問題」をどのように乗り越えるか ガートナー アナリストが移行のポイントを提言

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5