SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Okta Japan、ベンダー製アプリの「OIN」統合促進へ

 Okta Japanは、「Okta Integration Network」(OIN)を拡充していくため、国内のソフトウェア開発ベンダー(ISV)製アプリケーションのOIN統合を促進するプログラムの本格展開を発表した。

OINの特徴

 組織のIT管理者は、シングルサインオン(SSO)でユーザーが使う複数のビジネスアプリケーションを事前設定する必要があるが、事前統合済みのOINを活用することで、個別に設定作業をしないでアプリケーションとの統合設定を完了できるという。

 これにより、社員が入社したときに必要となるアプリケーションのプロビジョニングから、退職によるアカウントに紐づくアプリケーションのプロビジョニング解除までの一連のライフサイクル全体を自動化することもできるとしている。

 またOINは、既に6,500以上のクラウドアプリやオンプレミスアプリなどとの事前統合が完了している。Oktaでは、SAMLやWS-Federation、OpenID Connectなどのフェデレーションプロトコルに対応しており、標準対応していないプロプライエタリなプロトコルにも対応できるという。

OIN統合のメリット

  • ISVのアプリケーションを使う顧客が設定作業にかかる時間を大幅に短縮できる
  • ISVのアプリケーションがOIN Catalogの中で紹介され、世界中でのプレゼンスを高めることができる
  • 様々なアプリケーションとの連携性の向上により、ISVが展開するアプリケーションの価値を向上させる

 OINへの統合を希望するISVは、まずOktaとの連携を検証する必要がある。検証の結果、Oktaとの連携が確認できた場合には、所定のウェブサイトからOIN登録申請を行うが英語での申請となるため、申請書の記入方法についてはOkta Japanの担当者がサポートするとしている。

【関連記事】
Okta Japan、ゼロトラストを成熟度で評価する無料ツールを公開
Okta、2021年における5つのセキュリティトレンド予測を発表 新領域の成長も
IDaaSのOktaが日本法人設立、Slack、Box、Zoomとの連携、日本市場へのコミット強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13808 2021/01/08 14:35

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング