EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

GitLabとIBM、Red Hat OpenShiftを活用しDevOpsを支援

  2021/02/02 14:23

 GitLabとIBMは、「GitLab Ultimate for IBM Cloud Paks」を発表した。

 GitLab Ultimate for IBM Cloud Paksは、IBM CloudやIBM Z、ベアメタル・サーバーなどの別の環境に置かれた各種レジリエント・システムにアプリケーションをデプロイしたいプロジェクト・チームを支援するものだという。

 同製品では、Red Hat OpenShiftにより管理の自動化とシステムへのデプロイを行える。また、GitOpsおよびIBMのGitLab Ultimate for IBM Cloud Paksオーケストレーション・オートメーション技術は、GitLabパイプラインと併用することも可能だとしている。

 GitLabのグローバルチャネル担当バイスプレジデントであるマイケル・ホッジス(Michelle Hodges)は、「IBMとGitLabのコラボレーションは、ソフトウェア開発市場における両社の最も大きな強みを結集して、ユーザーのコスト削減、デリバリーの迅速化、品質改善に貢献します。IBMとの関係を築き、IBMのユーザーがハイブリッド・クラウド環境を選んでアプリケーションをデプロイするお手伝いができることをとても楽しみにしています。Red Hat OpenShiftのポータビリティーを生かすことにより、開発者はIBM Cloud、IBM Z、Google Cloud、AWS、Azureなどのクラウドやシステムを問わず、自由に構築することができます」と述べている。

【関連記事】
IBM、7Summits買収でSalesforceサービスへの投資を進める
ハイブリッドクラウドが後押し【IBM 2020年度第4四半期・通期の連結決算】
ジャックスと日本IBM、デジタル変革推進に向けてパートナーシップ強化

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5