SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

落としても安心? 自動消去機能つきUSBメモリ――富士通

 富士通研究所とFujitsu Laboratories of Americaは、17日、情報流出対策、企業コンプライアンスに応用可能なセキュアなUSBメモリと関連技術を開発したと発表した。このUSBメモリは、一定時間が過ぎたり、PCから取り外されたりすると自動的にデータを消去する機能を搭載している。また、特定のサーバー以外へのデータのコピーを禁止するファイル・リダイレクト技術もあわせて開発した。

 このセキュアなUSBメモリなら、万が一紛失や盗難にあってもデータを抜き取られるリスクを軽減することが可能だ。VPNやシンクライアントによるリモートオフィスでなく、通常の自宅PCで会社のデータを使った作業をする場合にも応用が可能としている。WinnyやShareによる情報流出は、自宅に持ち帰った個人情報データなどが個人のPCにコピーされて発生することが多いが、PCのハードディスクにコピーができなければそういった被害を抑えられる。

 原理は、サーバーやクライアント側にソフトウェアや機能を実装するのではなく、USBメモリ内にバッテリーとCPUを搭載し、内部のソフトウェアがコピープロテクトや、自動消去の条件、スケジュールなどをプログラムで制御する。消去の条件は、時間的なスケジュールだけでなく許可されていないPCに接続された場合なども含め、特定の操作に連動して、細かくポリシー設定ができるようになっている。

 現在のところは試作品の段階で、富士通では社内での検証を続けて製品化を進めるとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/1399 2009/04/21 13:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング